« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕◆ 福島・栃木・茨城・群馬・千葉産の食品輸入規制が続く台湾で「産地偽装」発覚相次ぐ / 「東京」「大阪」「北海道」「米国」産と偽装! ★ これは日本の当局が解明し、偽装した者を処罰すべきことではないか! | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ 「福島第一の再爆発に備えよ」 日系米国人の世界的理論物理学者ミチオ・カク教授の警告を忘れてはならない! / 「忘れてはいけませんよ。いったん作業員全員が避難するようなことになれば、あとはもうフリーフォールです」★ 時間の経過とともに劣化が進むフクイチ! 「排気塔」が危ない!  »

2015-03-31

〔沖縄の美ら海を守れ〕◆ 沖縄タイムス社説 / 決定書の中で林農相は「県知事の許可が必要な点で、国は私人と変わらないため申し立ての資格がある」と申し立ての適法性を認める。本当にそうか。そもそも行政不服申し立ては国民の権利を保護するためのもので、行政不服審査法は第1条で「国民の権利利益の救済」を目的に掲げる。今回は行政機関同士の争いであり、不服申し立てにはなじまない。

 ⇒ http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=109513

 ★ アベノファシズムの「法匪」ぶりが、恥ずかしいほどに明らかになった。

 かくなる上は、

 ① 農相の「決定」に対する「行政不服申し立て」を連発する民間人が、次から次へと現れることだろう。

 ② 辺野古反対運動は「安倍訪日」に合わせた「沖縄総力戦」への質点発展を遂げるだろう。

 米国のごり押しで、辺野古は埋め立てられるのだから、「辺野古を守る戦い」は、たぶん沖縄の米総領事館に対する戦いへと焦点化されるだろう。

 沖縄駐留米軍の無軌道ぶりをただす、さまざまな沖縄の自治体法制(条例・規則)も制定されることだろう。

 ③ 沖縄が全県的に怒っている以上、それは沖縄のこどもたちの戦いへと発展せざるを得ない。

 辺野古も基地問題も、沖縄の子どもたちに未来にかかわることだから。

 沖縄の子どもたちは、安倍首相の訪米を前に、キャロライン・ケネディ駐日大使に、アピールを発するのではないか?

 お父上のケネディ大統領は、辺野古の状況を目にしたら、どんなお気持ちでしょう?――と訴えかけるだろう。

          *

 沖縄の人々は、創意工夫でもって戦うしかない。

 みんなで考えよう。

 安倍首相のアメリカ連邦議会演説のその日、沖縄の米軍基地周辺では、数百万の「平和の風船」が空に舞うかも知れない。

 ギネスブックに載りそうな数の風船の大群が、空を舞うことになるかも知れない。

 沖縄の人びとが、それこそ総出で、米軍基地の前に座り込むことになるかも知れない。

 安倍訪米に合わせ、沖縄県民は総出で立ち上がることになるだろう。

 沖縄には天誅を加えるべき、ありとあらゆる理由が存在する。

 

Posted by 大沼安史 at 08:43 午後 |