« 〔フクイチ核惨事〕◆ 【署名よびかけ】双葉町の原発PR看板の撤去反対と原発震災遺構として永久現場保存を求めます ★ 「原子力 明るい未来の エネルギー」……このPR看板の保存には、ヒロシマの原爆ドームにまけない意味がある! | トップページ | 〔さらば、アベノファシズム!〕◆ ウィーン生まれの詩人、エーリッヒ・フリート(1921~88年)は言った。/ 「世界をいまのまま存続させたいと思うものは、世界が存続してほしいとは思っていない」 »

2015-03-29

〔フクイチ核惨事〕◆ 福島県の汚染地帯で新たな異変発覚! 「胎児」「赤ちゃん」の死亡がなぜ多発するのか? ~ 誰も書けなかった福島原発事故の健康被害

 ◎「宝島」(25日): 明石昇二郎さん(ルポルタージュ研究所)+本誌取材班⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150325-00010000-takaraj-soci

 ・ 環境省が現実に目を向けることができないのは、昨年12月に出したばかりの「中間取りまとめ」を、環境省自身が否定することになりかねないからなのである。つまり、本誌取材班の検証で明らかになった「汚染17市町村」での周産期死亡率や急性心筋梗塞年齢調整死亡率の増加の事実は、「専門家会議の中間取りまとめ」の「予想」結果を根底から覆しつつ「権威」を失墜させ、その贋物性を白日の下に曝け出してしまうものだった。
「中間取りまとめ」が予想していない疾患の増加はすべて「原発事故の健康被害ではない」として、頭ごなしに否定する環境省の姿勢は、かつて「日本の原発は事故を起こさない」と盛んに喧伝してきた電力御用学者たちの姿を彷彿とさせる。

 ・ このように不甲斐なく、頼りにならない環境省のおかげで、このままでは「汚染17市町村」での“健康異変”は十把一絡(じっぱひとから)げにされ、かつて「水俣病」が発覚当初に奇病扱いされたように、原因不明の奇病「福島病」とされてしまいそうである。
 メチル水銀中毒である「水俣病」に地域の名前が付けられたのは、加害企業の責任をごまかすべく御用学者が暗躍し、「砒素(ひそ)中毒説」などを唱えたことにより、原因究明が遅れたことが原因だった。これにより、病気に地域名が付けられ、被害者救済も大幅に遅れることになったのである。
 従って、「汚染17市町村」で多発する病気に「福島」の名が冠されるようになった時の原因と責任は、すべて環境省にある。

Posted by 大沼安史 at 10:06 午前 |