« 〔♪ 空から歌が聴こえる〕❤ 半農半ミュージシャン 吉本有里さんのファンクラブ、「虹のうたクラブ」が誕生! 「2015年お楽しみCD」も完成! 新規入会者募集中” | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ 石牟礼道子さんは、3・11後、こんな句を詠んだ / 毒死列島身悶えしつつ野辺の花 / ★ 石牟礼さんは、日本はいま、「絶滅と創成が同時に来た」時期にあると考えている。その通りだ。わたしたちは存続の岐路に立っているのだ。 »

2015-03-06

〔フクイチ核惨事〕◆ 1~2号機間の排気塔が腐食で倒壊の恐れ! 推定毎時25シーベルト / 「防護服を着ていても命に影響が出るほどの汚染」★ 倒壊したら、放射性物質が飛散し、現場での作業は困難なものになる。これこそ、日本の「存立事態」、日本政府が総力を挙げて取り組むべき、この国の存続をかけた問題! 間違ってはならない。敵はフクイチにあり!――である!

 〔★は大沼〕◎ 真実を探すブログ ⇒ http://saigaijyouhou.com/blog-entry-5665.html
 
 ◎ しんぶん赤旗 : 福島第1原発 排気筒 耐用基準超えか/ 専門家 腐食進み「危険な状態」/ 倒壊なら放射性物質飛散も
 (2月20日付け)⇒ http://www.jcp.or.jp/akahata/aik14/2015-02-20/2015022001_01_1.html

 ・  東電による1号機の高経年化(老朽化)に関する技術評価書(10年3月)の資料では、排気筒の推定耐用年数は20年です。その内訳は塗膜(塗装)が16年で、鋼材が4年。つまり、塗装の効果が期待できない場合、4年で鋼材の断面積が平均10%減少すると推定しています。

 排気筒の塗装は07年に塗り替えられていますが、1号機の爆発で塗装が損傷した場合、損傷箇所の鋼材はすでに4年近く、雨水や潮風にさらされていることになります。

 事故前、東電は定期的な点検や塗り替えで、鋼材に腐食が生じないようにしていました。しかし現在、周囲は立ち入り禁止となっています。

Posted by 大沼安史 at 04:13 午後 |