« 〔スイス・リーク・プロジェクト〕◆ HSBC顧客リスト / 日本関係分 296人、596口座 ★ 政治家は含まれているのだろうか? より詳細な公開・解析が求められる! | トップページ | 〔希望は未来にある〕◆ 脳卒中で入院したティク・ナット・ハン師、昏睡から回復!  »

2015-02-12

〔カイラさん帰らず〕◆ カイラ・ミューラーさん(26歳)の家族、カイラさんの死亡を確認 「イスラム国」、家族に写真3枚を送信 1枚は白い葬儀の衣類に包まれた写真だった / 拘束中のカイラさんが、解放された人に頼んで家族に送った手紙も公表

 ★ 手紙には、拘束中に、こんな歌をつくったと書かれていた。

   ♪ それはわたしの悲しみ、
      希望はわたしのちから

 手紙はこう結ばれていた。

   おそれないで

   わたしのように祈り続けて

   わたしは神のみこころのままに祈り続けている

   すぐに会えるから……

          *

635592057826653493kayla1 ★ カイラさんは、ふるさとアリゾナで高校生のころ、「ホピ」族など先住民族が「聖地」とする山(The Peaks)に、スキー・リゾート(フラッグスタッフ)のため、下水処理水で人工雪を降らせることに反対して、処理水を供給するな、と反対運動に立ち上がった。

 シリアの人を(世界各地の苦しんでいる人々を)助けに入ったカイラさんとは、そういう人だった。

 日本の反原発運動のひとつの流れは、実は「ホピ」族との連帯のなかから生まれたものである。

 1988年夏には、ホピのトーマス・バンヤッカさんが、映画『ホピの予言』をつくった故・宮田雪さんらの尽力で、「ホピ独立国」のパスポートで来日(入国)し、広島~フクシマ経由~幌延(北海道)間を走る「セイクリド・ラン」を行っている。

          *

 ★ カイラさんを追悼するサイトによると、彼女はフランスのテック・ナット・ハン師の「李村」で、瞑想の時間を持ったことがあるという。

 ★ いま、わたしたちに大事なことは、赦しあい、和解することだ。

 カイラさんに葬儀用の白い布を巻いて写真を撮った「イスラム国」の人の心のなかに、哀悼のこころがあること――を知ることだ。

 〔★は大沼〕◎ ニューヨーク・タイムズ
  ⇒ http://www.nytimes.com/2015/02/11/world/middleeast/parents-of-kayla-mueller-isis-hostage-confirm-she-is-dead.html?hp&action=click&pgtype=Homepage&module=mini-moth&region=top-stories-below&WT.nav=top-stories-below&_r=1

 ◎ 英紙インディペンデント(手紙全文)
  ⇒ http://www.independent.co.uk/news/world/middle-east/kayla-mueller-full-transcript-of-letter-sent-by-us-aid-worker-held-hostage-by-isis-10036557.html

 ◎ カイラさんを追悼するサイト
  ⇒ http://www.forkayla.org/

Posted by 大沼安史 at 11:03 午前 |