« 〔湯川さんも後藤さんも救えた〕◆ 国際ジャーナリストの常岡浩介氏。「出発前日に警視庁公安部の人間が家宅捜索にやってきて、パソコンや携帯電話、パスポートを押収していったんです。結果、イスラム国行きは不可能になり、裁判の仲介役も断念せざるをえませんでした。あの時、政府と協力して再度渡航していれば、湯川さんを救出できた可能性が高い。そうすれば、後藤さんが湯川さんを助けるためにイスラム国入りすることもなかったんです」 | トップページ | 〔DAYS JAPAN〕◆ 飯館村:「村民3000人が怒りの一斉蜂起 東電へ賠償申し立て」/ 村民の約半数にあやり2837人、それぞれの訴えを書き記した申立書は、4000頁を超えた »

2015-01-30

〔ターゲットを勝手にGPSで追跡〕◆ 朝日新聞社説、「GPS捜査 警察まかせでいいか」/ ★ こうしたGPS追跡は警察だけ(ならまだしも)ではなく、いわゆる「集団ストーカー」ハラスメントにも使われているような気がする!

 ★は大沼 ◎ (29日付け)⇒ http://digital.asahi.com/articles/DA3S11574904.html?_requesturl=articles%2FDA3S11574904.html&iref=comkiji_txt_end_s_kjid_DA3S11574904

 
 ・ 今回問題になったのは、窃盗などの罪に問われた男性への捜査だった。大阪府警と長崎、熊本両県警が、男性ら4人が使う車やオートバイ計19台の車両の表面に磁石でGPSの発信器を取りつけ、所在を割り出していたという。

 使われたGPSは、捜査員が電話で接続したときに警察側の端末に位置情報が示されるしくみだった。(★ GPSと携帯電話の通信網を組み合わせたシステムなのだろうか……?)

          #

 ★ わたしのふるさと、宮城県では村井知事が2013年2月26日の県議会で、性犯罪の前歴者らに衛星利用測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例案の検討を再開する考えを示した。

 ◎共同通信 ⇒ http://www.47news.jp/47topics/e/238711.php

 上記共同電は、この2年前、2011年1月、宮城県は、有識者懇談会に性犯罪の前歴者やドメスティックバイオレンス(DV)の加害者に対し、GPSの常時携帯を義務付け、県警が行動を監視する条例試案を提示した。だが、3月に震災が発生し、震災対応を優先するため検討を中断していた。

 しかし村井知事は2013年5月18日、「仙台市で開いた有識者懇談会で、東日本大震災前から検討していた性犯罪の前歴者らに全地球測位システム(GPS)を常時携帯させて行動監視する条例制定を見送る方針を表明した」。

 ◎ 日経新聞 ⇒ http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG1802M_Y3A510C1CR8000/

          #

 ★ GPSでターゲットを監視するシステムはしかし、警察だけでなく、民間組織でも使われているような気がする。

 いうまでもない、例の「集スト」である。

 車で移動すると群がってくるアレだ。

 もしかしたら、GPSで場所を特定して、アレを使ってアレしているのかもしれない。

Posted by 大沼安史 at 12:10 午後 4.電磁波被曝問題 |