« 〔南相馬・ホットスポット〕◆(田中龍作ジャーナル) 住民の一人が「健康被害が出た場合は我々官僚が責任を持ちます、と念書に署名して下さい」と一片の紙を清水参事官補佐に突き出した。/ 26日 参院会館で南相馬市の住民たちが解除の撤回を求めて政府と交渉した。 | トップページ | 〔エネニュース〕◆ 日本で「人食いバクテリア(flesh-eating bacteria)」が猛威 2012年以降、急増 2010年までは年間最高でも100症例だったのが、2012年に200件を突破、2014年は12月14日現在、263件に /「連鎖状球菌(Streptococcus)」/、米陸軍・ボーデン研究所の論文が、低線量被ばくでバクテリア、とくに溶血性連鎖状球菌による感染の恐れを指摘  »

2015-01-01

〔新年あけましておめでとうございます〕◆ 天皇陛下は新年にあたり 次のような「ご感想」を述べられた / 東日本大震災からは4度目の冬になり,放射能汚染により,かつて住んだ土地に戻れずにいる人々や仮設住宅で厳しい冬を過ごす人々もいまだ多いことも案じられます。昨今の状況を思う時,それぞれの地域で人々が防災に関心を寄せ,地域を守っていくことが,いかに重要かということを感じています。

 ★は大沼 ◎ http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/gokanso/shinnen-h27.html

 ★ 天皇陛下は「放射能汚染」という言葉をお使いになられた!

   それを伝えない、日本のマスコミの堕落ぶりよ!

   陛下はまた、「本年は終戦から70年という節目の年に当たります。多くの人々が亡くなった戦争でした。各戦場で亡くなった人々,広島,長崎の原爆,東京を始めとする各都市の爆撃などにより亡くなった人々の数は誠に多いものでした。この機会に,満州事変に始まるこの戦争の歴史を十分に学び,今後の日本のあり方を考えていくことが,今,極めて大切なことだと思っています」と述べられている。

   これを報じない日本のマスメディアのおぞましさよ!

        ★

 元日のラジオを聴いていたら、中村八大さん作詞・作曲・歌唱の歌が流れて、聴いているうち涙が流れた。

 ♪ 太陽と土と水を

  ⇒ http://www.bing.com/videos/search?q=%e4%b8%ad%e6%9d%91%e5%85%ab%e5%a4%a7%e3%80%80%e5%a4%aa%e9%99%bd%e3%81%a8%e5%9c%9f%e3%81%a8%e6%b0%b4%e3%82%92&FORM=VIRE1#view=detail&mid=01914D5C05383F5BBE2901914D5C05383F5BBE29

 歌詞は⇒ http://j-lyric.net/artist/a00206b/l01d395.html

  
  力は消え失せた
  力は消えた
  力は知恵に負けた
  力は消えた

        ★

 昨年12月10日付で、「神人」さんに降りた「うの大神」さまの「御伝え」には、こうある。(太字強調は大沼)
 ⇒ http://kamihito.net/news/01/inf8.cgi

 ・ 善の仮面被った悪、言葉ばかりは良きこと申すが、
   人の為と申して己の損得ばかり考えておる魔物住み着いておるぞ。
   笑って居るが腹は怒り妬み僻みで満ちておるぞ。
   友と申して擦り寄りて己の企て致している者多いぞ。

 ・ 魔物はもっともらしいこと申して操り人民わやに致すが、
   真ひとつで皆ひっくり返すぞ。

   みなみな頭下げて詫びねばならん時来るぞ。
   この世は写し鏡じゃなあ。心、顕れるなぁ。
   この世変わりておるのぞ。人の心のままに顕れてもおるぞ。  
   地、拝んで下されよ。足元大切じゃ。
   真、拝んで下されよ。生かして下さる根本を知りなされ。
   身体、拝んで下されよ。借りておるのじゃからな。
   大宇宙、拝んで下されよ。全て親神の中に在るのじゃぞ。
   皆々己ぞ。喜びぞ。与えられておるのじゃぞ。

 ・ 誰でも判るようになると申して金儲け人儲け致すもの多いぞ。
   判らんものは判らんのであるぞ。判らんので良いのであるぞ。
   与えられてあるもの有り難く思える者になるが真の道ぞ。うれしたのし生き方ぞ。
   無いもの欲しがれば魔物に遊ばれワヤに掛けられるぞ。

        ★

 岡山の山中(ほぼ限界集落)に、昨年11月、移住しました。

 ご縁あってのこと。

 築186年の古民家、素戔嗚さまが祀られた家をお借りして暮らし始めました。

 昨年夏、神人さんのアドバイスで、四国に遍路の旅に出、高野山で、清龍の池のあじさいに出会った帰結が、この「マイ黄葉夕陽村舎?」での山中人暮らし、吉備の国での、初の正月となったしだいであります。

 「迫害」(?)にあって、ふるさと仙台を出たのは、1昨年の春。

 静岡の袋井経由で、岡山の在へ。

 どうしてこういうことになったのか、わたしにも分かりません。

 ともあれ、目下、元気回復中! 

 ことしもまた、よろしく。

 

Posted by 大沼安史 at 07:37 午後 |