« 〔いのちのフクシマ〕◆ 共同通信がスクープ報道 / 事故直後の1巡目の検査では「異常なし」とされた子ども4人が、4月から始まった2巡目の検査で甲状腺がんの疑いと診断されたことが分かった! | トップページ | 〔フクイチ核惨事〕◆ ロイター電 日本政府の検察当局、東電首脳を刑事訴追しない見通し / ヨミウリ、共同電の報道をもとに ★ 検察審の「起訴相当」再議決で強制起訴となったとき、日本の検察の威信は、国際社会においても地に墜ちたものになるだろう! »

2014-12-24

〔いのちのフクシマ〕◆ 「フクシマの小規模被曝ホットスポットを安全と宣言」 Small radiation hot spots in Fukushima declared safe シカゴ大学のノーマ・フィールドさんらが運営する「アトミックエイジ」サイトが、南相馬・「特定避難勧奨地点」解除を報道!

★は大沼 ⇒ https://lucian.uchicago.edu/blogs/atomicage/2014/12/22/small-radiation-hot-spots-in-fukushima-to-be-declared-safe-via-the-japan-times/

 ★ ジャパンタイムズのJIJI電を紹介したものだ。

   JIJI電のタイトルは、Small radiation hot spots in Fukushima to be declared safe 。

   それにしてもホットスポットを「安全」と言い張る、この国の政府(安倍政権)は、ほんとうに国民のいのちを守る政府なのか?

   ところで、NHKはウェブニュースで、以下のように、事前報道(21日午前6時4分)を行っている。

 ◎ 南相馬市の特定避難勧奨地点 今月中に解除へ

 原発事故の影響で局地的に放射線量が高く避難を促す場所として指定している、「特定避難勧奨地点」について、政府は、最後まで残っていた福島県南相馬市での指定を今月中に解除する方針を固め、21日に開く住民説明会で伝えることが分かりました。
 ⇒ http://www3.nhk.or.jp/news/html/20141221/t10014156431000.html

 これは霞が関語法による典型的な大本営発表報道で、事態の本質を告げるジャーナリズムではない。

Posted by 大沼安史 at 05:53 午後 |