« 〔許すまじ フクシマ・ファシズム」◆ 避難指示区域外で局所的に放射線量が高い「特定避難勧奨地点」で最後まで残っていた南相馬市の152世帯について国は21日、28日で指定解除を決定。 | トップページ | 〔被曝強制、許すまじ〕◆ 米カリフォルニア州立大学の生物物理学者、ジョン・ゴフマンさんは言った。<何の明確な証拠もなく「安全な線量」があると言って、彼らは(ナチスの宣伝大臣の)ゲッペルスと同じプロパガンダ戦争を遂行している!> »

2014-12-22

〔中日新聞〕◆ 改憲派は減、脱原発派は増 / あじさいの世直しへ 地殻変動は着実に進んでいる!


 ★は大沼 (16日朝刊) ◎ ⇒ http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2014121602000091.html

 ・ ……安倍晋三首相は十五日に記者会見し、自ら争点に設定した経済政策「アベノミクス」だけでなく、政権公約に盛り込んだ改憲や原発再稼働の推進も支持を得たとの考えを示した。だが、今回は九条改憲や原発再稼働に前向きな勢力は数を減らしている。改憲や再稼働を進める首相の路線に有権者が全面的に賛同したとは言い難い。

 ・ 
だが、九条改憲に積極的な自民党と次世代の党を合わせた議席は、公示前は衆院での改憲発議に必要な定数の三分の二に迫る三一四あったが、二九二に減った。

 原発再稼働をめぐっても、前回衆院選では超党派議員でつくる「原発ゼロの会」などに属した脱原発派の約百二十人の七割が落選・引退したが、今回は民主党などから九人が返り咲いて議席を得た。脱原発を明確にする共産党も議席を八から二一まで伸ばし、社民党も公示前を維持した。

 再稼働で与党と歩調を合わせる次世代を除き、慎重・反対を唱える野党の勢力は公示前の百十九議席から百三十九議席に増えた。

Posted by 大沼安史 at 05:47 午後 |