« 〔英紙ガーディアン〕◆ アベノミクス解散 東京・新橋・飲み屋街ルポ / OLはお酒を飲んだ勢いで言った、「選挙でいくらかかるか分かる? バカみたいにかかる。全部、税金。安倍には金返せと言いたい」/ 立ち飲みバーで着流しの男性は言った、「わたしがいま言えるのは、わたしは自民党には投票しないだろうってことだ」 | トップページ | 〔ノーモア・フクイチ〕 ◆ (再掲)ウクライナ 戦場化で、フクイチ・チェルノブイリを上回る全地球被曝・大核惨事の恐れ / ウクライナの全電力の4割を供給している老朽原発(原子炉15機・4ヵ所)が暴走・爆発したら、世界は道連れで核地獄に突き落とされる / 米国務省の元アナリスト、ベネット・ランバーグさんが警告 / 西側各国軍、ウクライナの原発の周辺に展開する必要性も提起! »

2014-12-03

〔東電・原子力改革監視委員会〕★ フクイチ放射能汚染水「アイスウォール」の「失敗」を事前に警告したデール・クライン委員長(元米原子力規制委員会委員長)が、こんどは世界最大の原発、「柏崎・狩場」の再稼働問題の「安全評価」で、米国の原発オペレーター(電力会社)の代表による東電アドバイズを提言 / 世界の原子力ムラの当事者たちも、東電・規制委の原発再稼働「評価能力」を疑い出した!? 

 ★ これはもう、米国、および世界の原子力推進派自体が、東電、および日本の原子力規制委員会の「安全評価」なるものを疑っているということではないか!

 ★は大沼 ◎ ロイター : Japan's Tepco needs safety review from foreign nuclear operators - adviser
   12月2日付け ⇒ http://uk.reuters.com/article/2014/12/02/uk-nuclear-tepco-idUKKCN0JG0QV20141202

 ◎ 関連:ブルームバーグ(日本語): 東電、原発安全性評価を米電力会社に要請も-改革監視委員長
  10月10日付け ⇒ http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NE8H5K6JIJV301.html

  ・ 東電の原子力改革監視委員会のデール・クライン委員長(元米原子力規制委員会委員長)は、東電の原発の安全審査は日本の原子力規制委員会 の役割だが、同社が監視の目にさらされている状況を考えると、米国などの「経験豊富な運営会社」の意見は有益となるだろうとの見解を示した。

 ◎ 参考 : 「フクイチ氷壁ダム」、機能しない恐れ / 東電の原子力改革監視委員会のデール・クライン委員長(元米原子力委員会委員長)が1日の記者会見で言明! / 「安全と環境保全を懸念している」…… ★ デール氏は「氷壁ダム崩壊」を心配しているようだ! 「ALPS」もダメ、「凍土の長城」もダメ! もやはスーパータンカーで汚染水を貯蔵するしかないのではないか! 決断の時だ!
   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/05/post-f7e1.html

   「凍結遮水壁(アイス・ウォール)」 : 夏場に40度C近くまで気温があがる場所での地中の凍結維持はきわめて困難かも / 東電の米国人アドバイザーさえ、うまくいくかどうか
   ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/06/post-1b83.html

Posted by 大沼安史 at 06:20 午後 |