« 〔フクイチ核惨事〕◆ 3号機爆発前夜 首相官邸で「水蒸気爆発」の可能性を検討 公開調書で判明 ★ 「水素爆発」でなく……「水蒸気爆発」について議論されていたことが、ついに表面化した! フクイチ「水素・連続爆発」の虚構が崩壊するのは時間の問題かもしれない! | トップページ | 〔朝日の記者、負けじ魂のスクープ〕◆ 東電、推奨より10倍希釈 福島第一、粉じん飛散防止剤 / 3号機で10倍希釈を100倍にして散布 「飛散問題が起きた13年夏当時は3号機には6月中旬と8月13日の計2回、散布しただけ」 »

2014-12-29

〔フクシマ・ダイアリー〕◆ フランス国立科学研究センター(CNRS)が2013年4月、「日本(福島)Japon (Fukushima)」を「要注意(sensible)国」リストに掲載 アフガニスタンなどと同様の警戒レベル/ 現在は、ただの「ジャポン」、すなわち日本全域が対象に / ◆ フランスの理工系最高学府、エコール・サントラル・パリ(パリ中央学校 ECP)は「ジャポン(福島県入りは禁止)」と明記

 ★は大沼 ◎ FD(27日付け)(⇒ http://fukushima-diary.com/2014/12/french-gov-put-japan-sensitive-country-list-fukushima-along-afghanistan/

 ★ 被曝の危険性を考慮に入れての判断であることは間違いない。

Posted by 大沼安史 at 06:13 午後 |