« 〔フクイチ核惨事〕◆ 2020年の東京オリンピック 福島県が「イベントの開催」を申し出 / 「サッカー開催がもっともありうる」 / ロイターが世界拡散報道 | トップページ | 〔再稼働 許すまじ〕◆ 「2度目が起きたら、日本はもう住めなくなる」/ 川内原発から15キロ、いちき串木野市で、「高野山真言宗 冠嶽山鎮国寺頂峯院」の村井宏彰住職(64)の警告を、豪ABC放送が伝える! »

2014-12-17

〔フクイチ核惨事〕◆ 雑誌「宝島」【告発スクープ】 “WHO「福島県でガン多発」報告書” 国と記者クラブが無視! ~誰も書けなかった福島原発事故の健康被害 【第3回 前編】~ / 幼少期に被曝した場合のリスクを、原発事故発生からの15年間に絞って計算すると「小児甲状腺ガンと被曝との関係性がより明白になる」!

 ⇒ http://tkj.jp/takarajima/contents/blog/p/1016/

 ・ WHOは昨年2月28日、東京電力・福島第一原発事故で被曝した福島県民たちには今後、健康面でどのようなリスクがあるのかを検証した『WHO健康リスク評価報告書』を発表していた。

 英文で160ページ以上にも及ぶ同報告書では、ガンと白血病の発症リスクを詳細に評価。その結果、深刻な放射能汚染に晒(さら)された原発近隣地域の住民の間で、甲状腺ガンをはじめとしたガンが増加し、特に若い人たちの間でガンが多発すると明言している。

Posted by 大沼安史 at 03:36 午後 |