« [フクイチ・グローバル核惨事]◆ 米国へ輸出されたスシ用の鮮魚からヨウ素131! ◆ 同じく麹粉末からはヨウ素131のほか、コバルト60、放射性銀、テリウム、セシウム134・137を検出! 3・11後のメルトダウンで死のに汚染 米国の輸入業者、廃棄・返還 / 受託した米国の放射能測定研究所の専門家が米国化学会で発表 | トップページ | [ツイッターNEWS]◆ 【11月14日裁判後ミニ集会動画】東海アマさんの呼びかけで「黒木さんを支援する会」結成されました。七日間のハンストを達成した万尚@HCR_OPCOMさんが代表です。フォローお願いします。 »

2014-11-15

[東京被曝]◆ 「東京に住む姉妹が同時期に妊娠した。妊娠中に(フクイチ事故の放射能で)2人とも、口の中で金属味を感じた。姉妹の1人は双子を、もう一人は一人のこどもを身ごもった。3人の赤ちゃんのうち2人は死産、残る一人は奇形児だった」/ アーニー・グンダーセンさんが米国のネットラジオ番組「ニュークリア・ホットシート」で、東京の被曝被害の一端を報告

 (11月11日付け)◎ ⇒ http://www.nuclearhotseat.com/2200/

  ◎ エネニュースが全世界拡散 : : We had pregnant sisters in Tokyo deliver two dead babies and one with deformities that’s alive; Gov’t refuses to disclose miscarriages or stillbirths around Fukushima
    ⇒ http://enenews.com/japanese-medical-experts-threatened-bad-radioactive-illnesses-really

  ・ We had two women, sisters, both pregnant at the same time — one with twins, and one with a single baby. Two of the kids were stillbirths. The other was born with a deformity. They had the metallic taste in their mouth as the babies were in [the womb]. They lived in Tokyo, 130 miles from the accident. They’re people, they’re not statistics… and they’ve got no place to run…. no place to go.

Posted by 大沼安史 at 05:41 午後 |