« [御嶽山噴火]◆ 地震学者の島村英紀さん 「予知が失敗したワケ」/ 気象庁が5段階の警戒レベル 「それぞれの警戒レベルを決める客観的で数値的な基準もない」/ 「そのうえ地震や火山噴火などの専門教育を受けた気象庁の職員はごく少ない」 | トップページ | [フクイチ核惨事]◆ 東京の水道水 セシウム検出量が、なんと福島と同等、あるいはわずかに上回る! / ことし4~6月分 / セシウム137はまったく同じ値(0.0021ベクレル/キロ) しかしセシウム134は 0.00076で、福島市の 0.00070を上回る! ★ なぜ? 詳しい調査が必要ではないか! »

2014-10-05

[フクイチ核惨事]◆ 環境に放出された放射性セシウムの移動・集積を予測するモデルを開発するとともに、環境内で放射性セシウムを受けとる被曝者への影響を調査せよ! 帰還地域には緊急被曝対策情報伝達モデルを! セシウムその他核種の長期的な挙動についても啓発を! / 在日米大使館が「放射能汚染放出」(release of radiological contamination)に苦しむ日本支援で、米専門家チームによる、現地調査を踏まえた被曝対策(remediation)の提言を公表 

  ◆ 「独立した」専門家アドバイザリー・グループの組織化も求める

 ★ 東京の大使館・科学フェローとして、米国のサンディア研究所などから3人の専門家が来日し、調査を行ったのは、2013年2月4日から3月29日まで。

 提言でとくに注目されるは、放射性セシウムの環境内での挙動・蓄積ぶりを予測し、汚染地帯に帰還した住民に緊急対策情報を提供することなどを求めたくだりである。

 これは、くさいものに蓋して幕引きを図る、日本政府に対する苦言ともとれる提言だ。

 日本政府は提言を踏まえ、フクイチ核惨事被爆地の人々のために、こんど、放射性セシウム警報を出しうるモニタリング体制の強化と、拡散モデルの整備を進めるべきである。

 提言はまた、「独立した」専門家のアドバイザリー・グループの立ち上げを求めている。

 御用学者は要らない。  

 住民の信頼をえられるメンバーを集め、「フクイチ放射能防護委員会」のような名称で、看板倒れしない態勢で、至急、スタートさせるべきだ。

 いま、それをしないと、住民の怒りはやがて臨界に達することだろう。

 ★は大沼 ◎ U.S Science Fellows Support to the Government of Japan:Observation and Commentary on the Remediation of the Areas Off-site from the Fukashimi Reactors  ⇒ http://cfpub.epa.gov/si/si_public_record_report.cfm?dirEntryId=266541&fed_org_id=1253&address=nhsrc/si/&view=desc&sortBy=pubDateYear&showCriteria=1&count=25&searchall=  

  ◎ 提言レポート(全文)  ⇒ http://josen.env.go.jp/en/documents/pdf/workshop_july_17-18_2013_04.pdf

 ◆ Cesium Behavior in the Environment  

 ・ Continue development of cesium fate and transport models to enhance the ability to predict cesium movement and accumulation in the affected environment.

      ・ Develope and apply models to inform urgent radiation protection strategies for people living in areas with residual contamination (reentrainment) and for re‐population of evacuated areas.

      ・ Develope and apply models to guide long‐term monitoring approaches that will enhance the long‐term understanding of cesium (and other contaminants) behavior in the environment.     ・ Investigate cesium effects on environmentalreceptors.  

  ◆ Radiation Protection  

        Establish Expert Advisory Group on radiation protection to provide technical assistance to prefectural and municipal government officials, and to provide necessary information to the public and stakeholder groups.

  ・ Provides residents and government officials (community, prefectural and national) with the best available scientific, technical and medical expertise and advice.  

   ・ The independent Expert Advisory Group should include selected National, Local,and private sector subject matter experts in fields as health physics, radiation protection, cost and risk analysis, remediation protection, and relevant regulatory requirements. This group periodically provides multi‐disciplinary expert input on the radiation protection guidelines including technical issues, analysis of data, analysis of regulatory requirements, cost analyses and risk analyses.

Posted by 大沼安史 at 05:24 午後 |