« [福島県知事選]◆ 小泉純一郎氏 : 福島県の知事選(10月26日投開票)については「関わらない」と明言 / 細川護熙氏 :「福島は脱原発、原発ノーと言わなくても皆さん分かっている。改めて争点になるわけでもないでしょう」 ―― 29日夜 東京都内で開かれた、坂本龍一さん呼びかけの脱原発コンサートに参加後、記者団に語る | トップページ | [フクイチ被曝受難]◆ 宅地補償額、原発事故で半額=中間貯蔵説明会で地権者反発-環境省 / ……環境省は29日夜、いわき市で、「候補地の大熊、双葉両町の地権者を対象に用地補償に関する説明会を開いた。個別補償額の算出基準として、宅地と農地の標準的な価格を提示したが、原発事故がない場合の評価額に比べ半額程度だった」 »

2014-10-01

[福島県知事選]◆ 井戸川かつたか さん 基本政策 / 県民を守る・原発事故に勝つ・健康を守る 完全賠償 生活を守る 正しい情報を示し、正しい判断 /「一緒に議論して、考え知恵を出し合い、世界最大の事故に負けないように頑張ります」

 ◆ 放射能被害のモルモットからの解放 1mSv/y以下を目指すことは譲らない。放射能の安全基準は県民が判断する。この為の委員会を設ける。

 ◆ 今すぐ避難計画・20mSv/y基準のの見直しと事故の反省に基づく正しい避難計画を作る 

 ◆ 県民主導の原発被害解消委員会の設置 …… 県庁内に事故被害算定する機関を創る。被害者団体を立ち上げる。/ 損害賠償請求は県が強く関与する。裁判を県が支援する。

 ◆ あと2年で仮設住宅から出られるようにする。/ 被ばくを強要する帰還は見直す。そのための検討委員会を作る。

                  *         

   我慢はもうやめよう、十分苦労させられた。

   福島県民には負けてほしくない。勝ってそれぞれ生き抜いてもらいたい。

   今はそれぞれ離れて住もうとも、放射能の危険が去り、自然と共生できるようになったら、何倍も幸せな福島を再建していこう、平和と希望の福島を。

  ★は大沼  ⇒ http://www.idogawa-katsutaka.net/

  ★ わたしのルーツ(本籍地)は福島県郡山市。

    井戸川さん、がんばってください!

Posted by 大沼安史 at 07:12 午後 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: [福島県知事選]◆ 井戸川かつたか さん 基本政策 / 県民を守る・原発事故に勝つ・健康を守る 完全賠償 生活を守る 正しい情報を示し、正しい判断 /「一緒に議論して、考え知恵を出し合い、世界最大の事故に負けないように頑張ります」: