« [白鳥は悲しからずや]◆ 福島の地元紙、福島民報が読者投稿を改竄 ~ 「原発反対を訴え」の一句を無断で削除して趣旨を逆転  ★ 新聞は、ひとびとの言葉の翼を折り、想いの飛翔を阻んではならない! | トップページ | [東京の空 灰色の空]◆ 東京都のセシウム降下量 (ことし2014年)8月は前月の7.5倍の10.4メガベクレル(k㎡) 福島に次いで全国2位に悪化   »

2014-10-04

[フクイチ核惨事]★ 東電が「最大26.3メートル」の津波の襲来を「想定」 / <3・11>の「15.5m」より10m近くも大きな、超巨大津波! / その可能性を「想定内」としながら、その対策は、といえば…… 急ごしらえの14m「仮設防波堤」(南側の一部、既設)に加え、―――なんと、建屋近くのトレンチの埋設による高濃度汚染水太平洋流出量「7割削減」のみ!

 ★ 26メートルもの超巨大津波を防波堤なしで受ければ、「フクイチのお化け屋敷」はひとたまりもないだろう。

 「共用プール」などの核燃が、海にもっていかれることも想定される。

 建屋も倒壊し、フクイチはたぶん、東日本壊滅の「悪魔のシナリオ」に突入するのではないか!

 26.3mの津波が来るかもしれない、というなら、最低でも30メートルの防波堤建設工事を開始しなければならない。 

 ★は大沼 ◎ 朝日新聞デジタル :福島第一、津波26メートル想定 汚染水流出の恐れ 東電が報告
 (4日付け) ⇒ http://www.asahi.com/articles/DA3S11384706.html

 ・ 東京電力は3日、福島第一原発で想定する津波の最大高さを従来の2倍近い26・3メートルに引き上げ、地震の揺れも1・5倍にすると原子力規制委員会の検討会に報告した。新想定の津波が襲うと、建屋地下から数百兆ベクレルの放射性セシウム137が海に流出するおそれがあるという。……

Posted by 大沼安史 at 07:34 午後 |