« [DAYS JAPAN]◆ 通行規制解除の国道6号線 / 「閉め切った車内でも線量は上がり続け、……法律で18歳未満の立ち入りが禁止されている『放射線管理区域』の倍以上の線量が次々と計測された」 | トップページ | [許すまじ 再稼働]◆ 「川内再稼働」の危険性を警告するように、九電の玄海原発で火災 / 原子炉補助建屋地下2階にある第1放射化学室 電気ブレーカー、燃える »

2014-10-28

[美浜の会]◆ 10月24日の対政府交渉で判明! / 川内原発 「鹿児島県の避難計画は、法に違反し無効」 / 薩摩川内市、なんと「津波危険区域」に「一時避難集合場所」など設定! / 今年4月の災害対策基本法の改正で、これら津波や土砂災害等の危険区域に避難場所を設定できないことになりました。 

◆ 危険区域に避難所を指定する場合は、「技術的規準」を満たさなければなりませんが、原発事故に関しては、避難施設の技術的規準がないことも、国の担当者は認めました。

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://www.jca.apc.org/mihama/bousai/chirashi_takahama20141027.pdf

 ★ 明確な法律違反が明らかになった以上、川内原発再稼働を強行するわけにはいかないはずだ!

             #

 ◆ 鹿児島県の避難計画は無効!

 再稼働同意を表明できる状況ではない

 薩摩川内市・鹿児島県・国は、住民の反対の声を無視して、川内原発を再稼働させるための手続きを強行に進めています。28日には薩摩川内市議会が、11月上旬には県議会が、再稼働を表明しようとしています。

 しかし、10月24日に、鹿児島・佐賀・関西・首都圏の皆さんと一緒に行った政府交渉では、鹿児島県の避難計画は、法に違反し無効であることが明らかになりました。

 薩摩川内市では、津波危険区域に「一時避難集合場所」等が設定されていますが、今年4月の災害対策基本法の改正で、これら津波や土砂災害等の危険区域に避難場所を設定できないことになりました。
 
 

  原子力災害対策特措法でも基本的に同様の扱いになりました。危険区域に避難所を指定する場合は、「技術的規準」を満たさなければなりませんが、原発事故に関しては、避難施設の技術的規準がないことも、国の担当者は認めました。

 また、高浜原発事故時に避難先となっている兵庫県の市町でも同様の問題があります。

Posted by 大沼安史 at 07:44 午後 |