« [DAYS JAPAN]◆ マコさんが亡くなった「仲良しの報道デイレクター」の死を悼んで、こう書いている。「私は彼が自死を考えながらキレキレの取材を1年近く続けてらしたことに衝撃を受けました。すっごいかっこいい大好きな先輩でした。いっぱいヒミツ話したのにさ……空に向かってバーカバーカ……」 | トップページ | [DAYS JAPAN]◆ 通行規制解除の国道6号線 / 「閉め切った車内でも線量は上がり続け、……法律で18歳未満の立ち入りが禁止されている『放射線管理区域』の倍以上の線量が次々と計測された」 »

2014-10-28

[DAYS JAPAN]◆ 琉球大学大瀧研究室 シジミチョウ「汚染されていない食物で回復は可能か?」/「実験中、非常に印象深かったことは。飯館村の2か所と福島市の渡利地区のエサを食べた成虫群は、3割が生き残りましたが、たとえ生き残ったとしても、飛ぶ様子がとてももたもたしていました。……これが『ブラブラ病』なのかもしれないと感じました」

 ◎ 11月号 ⇒ http://www.daysjapan.net/about/index2.html

Posted by 大沼安史 at 07:04 午後 |