« [フクイチ・グローバル核惨事]◆ <「原子力(核)」と「気象」は、「実存的な脅威(existential threats)」である> / 退任する米エネルギー省のダニエル・ポーンマン副長官が最後のスピーチで警告 / <フクシマ核惨事の損害規模は「異常」 日本はこんご数十年にわたって代償を支払い続けなければならない> | トップページ | [フクイチ・グローバル核惨事]◆ フクイチ放射能海水プルーム 北米西海岸直撃は3年後、2017年の後半 / 最高濃度直撃、2018年まで続く / ノルウエーの「ナンセン環境・遠隔検知センター」がシミュレーションで予測 / その後、南北に流れ、2021~2026年に東アジアに回帰   »

2014-10-02

[「トモダチ作戦」洋上被曝 対東電訴訟]◆ 福島沖で救援活動にあたった、空母「ロナルド・レーガン」機動艦隊の米水兵ら 集団訴訟参加者 110人から225人に倍増 / チャールズ・ボナー弁護士のインタビューを「アルジャジーラ」が全世界拡散報道 / 「21,22、23、25歳の若者たちだ。白血病、精巣がん、子宮がん、甲状腺癌。もっと珍しい0.001%確率のがんに冒された者もいる」

Reagan_position_mar13

 ★は大沼 ◎ エネニュース (2日付け) ⇒ http://enenews.com/tv-huge-increase-navy-sailors-suffering-injury-after-fukushima-exposure-govt-map-shows-uss-reagan-directly-intense-area-plume-radioactive-releases-peaked-beginning-real-data-video

     ◆ 上記写真は、エネニュースの記事より。

     左のイラストは、2011・3・13のフクイチ放射能プルームの流れと、

     空母「ロナルド・レーガン」の位置(Rで表示)。

 ◎ アルジャジーラ : 「ザ・ストリーム」(9月25日付け)
   ⇒ https://archive.org/details/ALJAZAM_20140928_053000_The_Stream#start/1020/end/1080

  ★ サンジエゴ連邦裁判所に提訴された「トモダチ被曝訴訟」の原告の中には、すでにがんで死亡した人もいる。

   それにしても、原告被爆者のこの急増ぶり!

   福島沖に流れたフクイチ放射能プルームのすさまじさが、米水兵らの被曝症状で明らかにされたかたちだ。

 ・ These kinds of illnesses… are characteristic of people who’ve been exposed to radiation… We’ve seen them at Chernobyl, they are not difficult to prove… We know Tepco… misrepresented the levels of radiation these sailors were exposed to… The number is more than 110… we now have 225 injured sailors — 21, 22, 23, 25-year-olds. A population that you don’t usually find cancers such as leukemia, testicular cancers, uterine cancers, thyroid cancers. We also have cancers so rare only 0.001% of people have experienced it. Yet we know that radiation causes these kinds of cancers… Information that initially came out was totally incorrect… We’re now beginning to see the real data that’s revealing the exact kind of exposures — the kind of toxic soup — that these sailors were literally sailing through for days.

Posted by 大沼安史 at 06:58 午後 |