« [福島県知事選]◆ 政府と闘う気概持て/浜矩子・同志社大大学院教授 / 福島に望ましい知事像は「『闘う知事』だ。福島が抱える課題は健康や生活が成り立つかなど、住民の生死に関わる。パフォーマンスでなく政府を追い詰める気迫や情熱が必要だ」/ 「復興のための五輪開催は完全なこじつけ、へりくつだ」 | トップページ | [フクイチ核惨事]★ ブルームバーグが全世界拡散報道 : <「御嶽山噴火」で日本人は原発再稼働を考え直さなければならない> / 知日派のジャーナリスト、ウイリアム・ペセクさんが、「噴火受難」を機に、「リング・オブ・ファイア(火の環)」の日本列島に生きるわたしたちに、自然エネルギーへ転換するよう提言! 「御嶽噴火は日本にとって、コース変更のチャンスである」 »

2014-10-06

[フクイチ核惨事]◆ <エネニュース> フクイチ核惨事はたしかに日本が引き起こした事故だが、それは世界のあらゆる人間にとってのカタストロフ(破局)である。全員が放射能被曝を免れない。放射能は国境を認識しない」 IAEAの元事務局次長、オリー・ハイノネンさん(ハーバード大学シニア・フェロー)がインタビューで警告! / 2013年の国連レポートではたとえば、イタリアでは事故があった2011年、1歳児が年間180マイクロシーベルトも被曝(外部・呼吸・摂食)、大人も同35マイクロシーベルト!

 ★ こういうことでは、ミランの本田選手も肩身がせまかろう。

 ★ 3・11後、大放出を続けているフクイチ放射能は、全世界を多い尽くし、脅威の「バックグラウンド放射能」となって、あらゆる人をむしばんでゆく。

 だから、地震火山国・日本はこれ以上、放射能噴出列島と化してはならない。

 ★は大沼 ◎ http://enenews.com/former-iaea-official-actually-fukushima-catastrophe-every-citizen-world-radiation-doesnt-recognize-borders-

dose-fukushima-fallout-europe-many-times-higher-california-govt-reported-west-coast-video

 ◎ ハイノネンさんインタビュー(RT=ロシア・ツデー) (動画)⇒ http://www.nuclearflower.com/pess5/pess5.html

    ・ Interview with Olli Heinonen, former IAEA deputy director general, former Finland Reactor Laboratory senior officer and senior fellow at Harvard University (emphasis added): “[We] have a potential catastrophe on our hands… I think that when this thing is over — this is certainly a national catastrophe for Japan — but actually this a catastrophe for every citizen of the world… Russians, Americans, they are also subject radiation. The radiation doesn’t recognize borders … It looks to be a very dire situation.”

 ◎ 国連レポート ⇒ http://www.unscear.org/docs/reports/2013/13-85418_Report_2013_Annex_A.pdf

    ・ Italy — External exposure, inhalation and ingestion of 131I, 134Cs, 137Cs

      1-year-old: 180 microsieverts/year
      Adult: 35 microsieverts/year
       Very conservative assumptions were applied as the highest concentration values measured for each radionuclide in rainwater were used to calculate the dose from ingested water.

Posted by 大沼安史 at 06:37 午後 |