« [フクイチ被曝受難]◆ 宅地補償額、原発事故で半額=中間貯蔵説明会で地権者反発-環境省 / ……環境省は29日夜、いわき市で、「候補地の大熊、双葉両町の地権者を対象に用地補償に関する説明会を開いた。個別補償額の算出基準として、宅地と農地の標準的な価格を提示したが、原発事故がない場合の評価額に比べ半額程度だった」 | トップページ | [だからあじさいの国へ]◆ 「ヤマトシジミにおける二世代にわたる放射能汚染食物の摂取」 / 琉球大学の大瀧研究室がフクイチ放射能で摂食被曝したシジミチョウに関する国際学術誌への発表論文(英語)の日本語版を公開! ★ 第二世代の前翅の矮小化 世代を通じたセシウム累積摂取線量と相関 第一世代の摂取した食草もまた、第二世代へ影響を与えることを示唆 »

2014-10-01

[さああじさいの国へ]◆ ゴア元副大統領 29日 京都市で地球環境保全をテーマに講演 / 会場からの「原発をどう考えるか」との質問に、「原子力はコストが高く、競争力のある電力ではなくなった。福島第1原発事故で脆弱(ぜいじゃく)性も明らかになった。個人として発言すれば、できる限り再生可能エネルギーに向かうべきだと思う」と答えた。★ これで「化石燃料依存の温暖化回避策としての原発推進」の欺瞞が否定された!

 ★は大沼 ◎ 京都新聞 (29日):「原発、脆弱性明らか」 ゴア元米副大統領が京都で講演    ⇒ http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20140929000141

Posted by 大沼安史 at 07:14 午後 |