« [「トモダチ作戦」洋上被曝 対東電訴訟]◆ 福島沖で救援活動にあたった、空母「ロナルド・レーガン」機動艦隊の米水兵ら 集団訴訟参加者 110人から225人に倍増 / チャールズ・ボナー弁護士のインタビューを「アルジャジーラ」が全世界拡散報道 / 「21,22、23、25歳の若者たちだ。白血病、精巣がん、子宮がん、甲状腺癌。もっと珍しい0.001%確率のがんに冒された者もいる」 | トップページ | [さああじさいの国へ]◆ ノーベル平和賞ウオッチャーとして知られる、ノルウェーの「オスロ国際平和研究所」(PRIO=クリスチャン・ハープウィンケン所長)が、10日発表の2014年ノーベル平和賞の受賞予想で、「憲法9条を守る日本の人々」をトップ・ノミネート / 「安倍首相による憲法(9条)再解釈は、軍事対立の前兆であるとの懸念が出ている」と背景説明 »

2014-10-03

[フクイチ・グローバル核惨事]◆ フクイチ放射能海水プルーム 北米西海岸直撃は3年後、2017年の後半 / 最高濃度直撃、2018年まで続く / ノルウエーの「ナンセン環境・遠隔検知センター」がシミュレーションで予測 / その後、南北に流れ、2021~2026年に東アジアに回帰  

Mapoceanworld ★ このノルウエーの予測によると、フクイチ放射能海水プルームは、2017年の終わりごろまで、「巨大な放射能汚染海水塊」(a massive clump of radioactivity)として、太平洋上を漂い続け、ついに北米西海岸を直撃し始めるという。  

  そして、2021年以降、東アジアに回帰!

  この予測が正しければ、日本政府・東電は、2020年の東京オリンピックの前にも後にも、「アンダーコントール」の「ウソ」(?)の釈明を、国際社会に迫られることなる!

 ★は大沼 ◎ ナチュラル・ニューズ : Massive radiation plume from Fukushima heading toward U.S. West Coast according to a scientific report Learn more:

(9月11日付け)
 ⇒ http://www.naturalnews.com/046830_radiation_plume_West_Coast_Fukushima.html

 ・ Both models show the plume colliding with the U.S. West Coast and beginning to spread out starting around late 2017, with a maximum concentration of radiation hitting the coast toward the end of 2018.

   Following this collision, the plume is projected to disperse and spread north, south and west, with portions of it eventually crashing back into East Asia sometime between 2021 and 2026. Throughout this entire time period, however, the area of greatest radioactivity concentration will remain positioned along North America's West Coast.

 ・ …… the radioactive ocean plume released by the 2011 Fukushima nuclear disaster is likely to remain a massive clump of radioactivity until it slams into the West Coast of the United States in late 2017.

Posted by 大沼安史 at 08:21 午後 |