« [フクイチ廃炉 立ち往生] ◆ 1号機 ● プールの燃料取り出し 2017年度開始 ⇒19年度に、● 原子炉内の溶け落ちた燃料の取り出し 早ければ20年度から始める予定 ⇒ 25年度にそれぞれ遅らせる。/ 必要な建屋カバーの解体作業が予定より遅れ、本格的な着手は来年3月、がれきの撤去終了も16年度以降になる ★ 2020年の東京五輪は、メルトダウン号機のひとつも片付かない状態で迎えることになった! カバー撤去で中をのぞいてみたら、手の付けられない状態、政府・東電関係者、顔面蒼白の深刻な状況にあるのでは!? | トップページ | [トモダチ水兵 対東電・洋上被曝訴訟 実質審理開始へ]★ ブルームバーグが日本語記事で速報! ◆ 「東電は司法権の問題を理由に米国での集団訴訟ではなく日本での審理を求めていたが、サンディエゴ連邦地裁のジャニス・L・サマルティーノ判事はこれを退けた」 »

2014-10-30

[トモダチ水兵 対東電・洋上被曝訴訟]★ 空母「ロナルド・レーガン」の水兵らが東電を相手どって起こした集団訴訟で、米サンディエゴの連邦裁判所は30日までに、訴えを却下せず、審理を継続することを決定! / 被告に、新たに、東芝、日立、GE、そしてEasco(フクイチ1号機を設計)社! 運転・管理していた東電だけでなく、設計・製造にかかわった関係企業も裁判で追及されることに! / 弁護側が声明: 原告200人 7万人の米国人、被曝被害の可能性  訴訟参加も!

 

 ◎ 30日付け SimplyInfo  ⇒ http://www.fukuleaks.org/web/?p=13993

 ◎ 本ブログ 関連記事検索結果 ⇒ http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%AD%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%83%B3+%E8%A8%B4%E8%A8%9F&fr=yson&ei=utf-8&vs=onuma.cocolog-nifty.com

 ・ U.S. Navy Sailors have won a crucial battle in the United States District Court in San Diego against Tokyo Electric Power Company, known as TEPCO. A Federal judge has ruled that the sailors’ class action law suit may go forward against TEPCO and additional Defendants General Electric, EBASCO, Toshiba and Hitachi, the builders of the Fukushima nuclear reactors. The 200 young sailors claim that TEPCO deliberately lied to the public and the U.S. Navy about the radiation levels at the Fukushima Dai-Ichi Nuclear Power Plant at the time the Japanese Government was asking for help for victims of the March 11, 2011 Earthquake and Tsunami.

 ・  Up to 70,000 U.S. citizens were potentially affected by the radiation and will be able to join the class action suit.

Posted by 大沼安史 at 11:24 午後 |