« [あじさいは平和の花]★ 「従軍慰安婦」 朝日新聞「吉田虚言」報道訂正・謝罪問題 :「アルジャジーラ」が 「頑張れ 日本 全国行動委員会」のリーダーの主張、「こんな新聞は日本に要らない。われわれは廃刊を求めて運動する」を紹介したあと、独保守派高級紙、フランクフルター・アルゲマイネの東京特派員のカーリステン・ゲルミスさんの意見を全世界に伝える。「恥辱は、日本帝国陸軍が大戦中、中国・朝鮮などの地域で実際に行ったことにある。実際に起きたことで朝日を非難することはできない」 | トップページ | [あじさいは平和の花]◆ <田中龍作ジャーナル> 25日夕、日本外国特派員協会記者会見 : 「在特会は在日特権をなくすために活動する組織」。文書でこう回答していたことを明らかにされると、山谷(えり子)大臣[国家公安委員長]はうろたえた。 »

2014-09-26

[あじさいは平和の花]★ 英「エコノミスト」誌が日本の「ヘイト・スピーチ」を分析・報道 : 大阪では昨年、14歳の少女が、朝鮮人の皆殺しを叫んだ。東京の新大久保では「殺せ、殺せ、殺せ」と ―― (誰が憎悪を掻き立てているか?)◆ 「日本のヘイト(憎悪)の一部は、(政治の)トップから扇動されたものかもしれない。そんな気がする」( Some of the hate, it seems, may be inspired from the top.)

 ★は大沼 ◎ Hate speech in Japan Spin and substance A troubling rise in xenophobic vitriol
 (27日付け)⇒ http://www.economist.com/news/asia/21620252-troubling-rise-xenophobic-vitriol-spin-and-substance

 ★ エコノミスト誌は、

   ・ 日本の警察を指揮する山谷のり子氏が「在特会」のメンバーと一緒に記念写真を撮っていたこと。

   ・ 歴史修正主義の政治家である高市早苗氏が、ヘイトスピーチ禁止法があったら、国会デモに使うべきだと語ったこと。

   ・ 高市氏と仲間の稲田氏が日本のネオナチ指導者と記念写真を撮っていたこと。

  ――も、同誌を購読する国際的なビジネス指導者らに伝えている。

  世界の読者は、安倍政権の日本の急激な、愚劣な劣化ぶりに驚いているだろう。

                    *

 ・ IN OSAKA’s strongly Korean Tsuruhashi district, a 14-year-old Japanese girl went out into the streets last year calling through a loudspeaker for a massacre of Koreans. In Tokyo’s Shin-Okubo neighbourhood, home to one of the largest concentrations of Koreans in Japan, many people say the level of anti-foreigner vitriol—on the streets and on the internet—is without modern precedent. Racists chant slogans such as “Get out of our country”, and “Kill, kill, kill Koreans”.

 ・ Earlier in September a photograph emerged of Eriko Yamatani, the new minister for national public safety and the overseer of Japan’s police, posing in 2009 for a photograph with members of Zaitokukai. The government says she did not know that the people she met were connected to the noxious group.

 ・ Many reasonable people worry that a new hate-speech law, improperly drafted, could harm freedom of expression. But one revisionist politician, Sanae Takaichi, said, shortly before she joined the cabinet in September, that if there were to be a hate-speech law, it should be used to stop those annoying people (invariably well-behaved and often elderly) demonstrating against the government outside the Diet: lawmakers, she added, needed to work “without any fear of criticism”. Ms Takaichi’s office has since been obliged to explain why, with Tomomi Inada, another of Mr Abe’s close allies, she appeared in photographs alongside a leading neo-Nazi. Some of the hate, it seems, may be inspired from the top.

Posted by 大沼安史 at 05:10 午後 |