« [だから さああじさいの国へ]◆ 9・23 亀戸からの再出発!  | トップページ | [だから さああじさいの国へ]◆ 泉田・新潟県知事 ツイッター : 【原発】事故で飛散した放射性物質を含む指定廃棄物について、環境省が新聞広告で「原子力施設で発生した放射性廃棄物ではない」と説明 → 当然ですが、修正へ »

2014-09-24

[だから さああじさいの国へ]◆ ヤマトシジミ(シジミチョウ)の放射能汚染葉摂食内部被曝問題を明らかにした琉球大学の大瀧丈二准教授が、国際学術誌へのブログの中で語る! 「人間の被曝研究は虫たちの研究にくらべ政治的な圧力を、より多く受けがちだが、必要である。遅かれ早かれ、人間の健康に関する研究が、科学論文として出てくるだろう」

 ★ 沈黙と隠蔽の壁を打ち破り、被曝の真実を世界に告げる、心正しき、日本の科学者よ、現れよ!

 ★は大沼 ◎ BioMed Central : Are butterflies still fluttering in Fukushima? ⇒ http://blogs.biomedcentral.com/bmcseriesblog/2014/09/23/are-butterflies-still-fluttering-in-fukushima/

 ・ To my knowledge, there have been no cases of human health effects of the Fukushima accident reported in scientific literature thus far, although anecdotal evidence has been around.

 To be sure, human-based studies are slow, descriptive, less conclusive, and more often a target of political pressure, compared with insect studies, but of course human studies are necessary.

  I believe that at least some studies on human health will appear sooner or later in scientific literature.

 ◎ 参考 : ◆ ヤマトシジミ(シジミチョウ)の放射能汚染葉摂食による内部被曝 / 低線量被曝(汚染葉 161ベクレル以下/キロ)でも幼虫にダメージ / エサの葉の汚染がひどいほど、死亡率・異常発生率、高まる / 「およそ100ベクレル/キロの低線量摂食でも生体に深刻な毒性の恐れ」 / 琉球大学の大瀧丈二准教授率いる研究チームが、国際学術誌に新論文を発表 / 「サイエンス」誌も報じる  国際社会に反響!
    ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/09/post-0bf3.html

Posted by 大沼安史 at 04:07 午後 |