« [あじさいは平和の花]★ 英「エコノミスト」誌が日本の「ヘイト・スピーチ」を分析・報道 : 大阪では昨年、14歳の少女が、朝鮮人の皆殺しを叫んだ。東京の新大久保では「殺せ、殺せ、殺せ」と ―― (誰が憎悪を掻き立てているか?)◆ 「日本のヘイト(憎悪)の一部は、(政治の)トップから扇動されたものかもしれない。そんな気がする」( Some of the hate, it seems, may be inspired from the top.) | トップページ | [あじさいは平和の花] ◆「朝日慰安婦報道に関する自民党・国際情報検討委員会の決議」/ なんと!………「朝日新聞の謝罪は国民の名誉と国益の回復には程遠いが、いわゆる慰安婦の「強制連行」の事実は否定され、性的虐待も否定されたので、世界各地で建設の続く慰安婦像の根拠も全く失われた」 »

2014-09-26

[あじさいは平和の花]◆ <田中龍作ジャーナル> 25日夕、日本外国特派員協会記者会見 : 「在特会は在日特権をなくすために活動する組織」。文書でこう回答していたことを明らかにされると、山谷(えり子)大臣[国家公安委員長]はうろたえた。

 ◆  山谷えり子・国家公安委員長兼拉致問題担当相は、TBSラジオ番組の質問に対して「在特会については在日韓国人・朝鮮人問題を広く一般に提起し、彼らに付与されている『特別永住資格』の廃止を主張するなど、『在日特権』をなくすことを目的として活動している組織と承知している」と文書で回答していたことが分かった。  

   …… TBSラジオのプロデューサーは質疑応答で「在日特権とは何か?」と山谷大臣に質問した。会見場は騒然となった。記者団の追及に山谷大臣は「HPを引用したまで」とかわした。   

   週刊誌のインタビューで在特会の存在すら知らないと答えていた山谷大臣だが、彼らのHPを自身の回答に引用したということは、在特会が何であるかを知っていたということだ。ウソがばれた瞬間だった。

 ◎ ⇒ http://tanakaryusaku.jp/2014/09/00010074

             #

 ◎ 関連 弁護士ドットコム : 山谷えり子大臣に「在特会」の質問集中――外国特派員協会の会見でどう答えたか?
  ⇒ http://www.bengo4.com/topics/2089/

  ――先日(TBSラジオの)番組のほうから、いくつか質問をして、コメントをいただいたものがあるんですけど。このなかで、「在特会につきまして、どのような団体という認識をお持ちですか?」という質問をさせていただいたのですが、それに対するお答えが、「同団体については、在日韓国人・朝鮮人問題を広く一般に提起し、彼等に付与されている『特別永住資格』の廃止を主張するなど、『在日特権』をなくすことを目的として活動している組織と承知しています」とお答えいただきました。この場合の在日韓国人、朝鮮人問題、ならびに在日特権とは何を指しているのか?

  山谷:  たくさんの取材をうけて、たくさん回答をしております。今お読みになられた部分は、おそらく全体をお示しくださっていないので、ちょっと、たしかではありませんけども、今お読みになられた部分は、おそらく在特会のホームページから引用したものをそのまま記しているのだろうというふうに思います。ということであります。

  ――在日特権とはなにか?

  山谷:  在特会が言っている在日特権というのは、詳しくは何を示すのか・・・。在日特権の定義というのは、いろいろなグループがいろいろなことをカギカッコで言っているんだと思いますが、法律やいろいろなルールにもとづいて特別な権利があるというのは、それはそれで、私が答えるべきことではないと思っています。

Posted by 大沼安史 at 05:18 午後 |