« [ああ、だからこそ、あじさいの国へ] ◆ 福島の子どもたちの甲状腺癌を追及していた「報ステ(報道ステーション)」の岩路真樹ディレクターが「自殺」 | トップページ | [さあ、あじさいの国へ] ◆ ロシア・カナダ・米国の3社が、「フクイチ・トリチウム」の除去テクノロジーをデモンストレーションへ / 応募29社からピックアップ ★ 今ごろになって……遅すぎるが、とにかく、やるしかない! 成功を祈る! »

2014-09-05

[ああ、だからこそ、あじさいの国へ] ◆ 「ホワイトフード」が「シイタケ放射能検査地図」、<流通のワースト5は、埼玉県、茨城県、群馬県、千葉県、宮城県でした。福島原発というので、福島だけが問題と感じていらっしゃる方も多いのですが、それ以外の県でも汚染は拡がっています> / 日本の味、シイタケ汚染 <フクシマ・ダイアリー>が英仏訳で、世界拡散周知

 ・ 厚生労働省が発表した2013年の33万件の放射能検査結果から、セシウムが検出されたシイタケを抜き出し、日本地図に表示。

 ・ 放射能の影響を30才成人の3〜4倍影響を受けやすい子どもと妊婦さんのご家庭にとって、どの地域のどのような食材が放射能を検出しているのかを、分かりやすく把握していただくことを目的として作成。

 ・ 椎茸は食品で最も放射能を吸着しやすい性質を持っている食べ物なので、日本の約半分以上の地域で、放射性セシウムが検出されていることが分かります。九州や北海道の椎茸の取扱を、ホワイトフードでも検討をしたことがありますが、現時点ではホワイトフードの基準をクリアできる生産者は見つかっていません。福島原発事故だけでなく、大気内核実験やチェルノブイリ事故の影響もあるだろうと考えております。

 ・ 放射能の影響を受けやすい子どもと妊婦さんは産地が分からなかったり、放射能検査していない椎茸をはじめとするキノコ類は食べない方が良いと思っています。

 ★ 「ホワイトフード」の情報で注目すべきは、以下の「地図」にあるように、「流通品」が首都圏、あるいは仙台などに出回っていることだ。

20140824_10_syicyosonn

 ★は大沼 ◎ 「ホワイトフード」⇒ http://www.whitefood.co.jp/news/foodmap/1457/

 ◎ フクシマ・ダイアリー ⇒ http://fukushima-diary.com/2014/09/mushroom-contamination-map-shows-contaminated-products-mainly-consumed-kanto-area/

 ◎ グローバル・リサーチ研 ⇒ http://globalresearchreport.com/2014/09/04/mushroom-contamination-map-shows-contaminated-products-mainly-consumed-in-kanto-area/?utm_source=feedburner&utm_medium=email&utm_campaign=Feed%3A+globalresearchreport+%28Global+Research+Report%29#sthash.1bHaZ8gV.dpbs

Posted by 大沼安史 at 09:26 午前 |