« [だからあじさいの国へ]◆ DAYS JAPAN 10月号 / ◆ レメディス・フェリアスさんのキルトと絵本 「14歳少女の戦争」 / 14歳になったばかりの彼女には過酷な体験だった ◆ 100ミリシーベルトのウソ /「例えば、13年2月にWHOから出た報告には「福島では甲状腺がん、白血病、乳がん、その他のがんが発症する」とはっきり書いてある。どの程度出るかも。ところが日本政府の人が訳すと「出ない」となってしまう」 | トップページ | [フクイチ核惨事]◆ 放射能汚染水からのトリチウム除去 / 米キュリオン社 月内にも日本政府の発注で除去装置を大型化/ 軽水からのトリチウム除去に成功 / 年間20トンの汚染水処理能力を、1日で20トンへ拡大 「モジュール」を連結し、コスト増を抑え込み »

2014-09-18

[だからあじさいの国へ]◆ フィリピンのマヨン火山 噴火の危機 1万人が避難 ◆ 川内原発の火山審査に専門家から疑義噴出 審査「合格」の根拠崩れた形に / こうした案に対して専門家からは、「(火山学者でもわからないのに)事業者が本当に異常を判定できるのか」といった疑問が改めて示された。★ フィリピンで起きたことが、どうして日本では起きないのだろう!

 ★は大沼 ◎ CNN(日本語) フィリピンのマヨン火山が噴火の恐れ、1万人避難
 ⇒ http://www.cnn.co.jp/world/35053876.html

2imagetakenon

 ◎ AFP Philippines orders evacuation near powerful volcano
 ⇒ http://phys.org/news/2014-09-philippines-evacuation-powerful-volcano.html#inlRlv

 ◎ 東洋経済(3日付け) ⇒ http://toyokeizai.net/articles/-/47016

  ・ 遅ればせながら火山専門家を議論に入れたことによって、川内原発の火山審査の根拠や結論に大いなる疑義が生じたことには変わりない。

 規制委・規制庁は現状、専門家の疑問や意見を十分受け止めたとは言いがたい。

 また、九電が保安規定の中で、異常検知時における燃料搬出などの対処方針をどう策定し、規制委がいかに審査するのかも焦点となる。

 川内原発の規制委審査は、今なお重大な課題が残されたままだ。

Posted by 大沼安史 at 06:44 午後 |