« [だからあじさいの国へ] ◆ 米西海岸中部(シスコ・ロス間) 2013年も、フクイチ由来のセシウム137汚染を確認 / 地下水、牛肉 市販の魚から検出 / 米カリフォルニア州のディアブロ・キャニオン原発のNRCへの年次モニタリング報告書で判明! | トップページ | [だからあじさいの国へ] ◆ わが敬愛する山田孝男・毎日新聞編集委員はこう書いた。<試練を背負ったのは小渕優子経済産業相(40)である。ただし、「好感度をもって原発再稼働反対の世論をなだめられるか」という試練ではない。 再稼働反対の世論と向き合うためには、未来社会の生活とエネルギーを見渡す洞察と確信が要る。雇われ大臣の笑顔で動くものなどほとんどない。小渕に問われるものもまた狂気である> »

2014-09-08

[だからあじさいの国へ] ◆ 「報ステ」、謎のテロップ : 「原発事故関連のニュースをきょうも放送できませんでした。時間がなくなったからです」を解読! / 時間(じま=路真=岩路真樹ディレクター)、なくなった(亡くなった)!

 ★は大沼 ◆ <みんな楽しくHappy♡がいい♪> <メッセージテロップ>「原発事故関連のニュースをきょうも放送できませんでした 時間がなくなったからです。」8/5報道ステーション
 ⇒ http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3885.html

 ★ わたしもこの解釈が正しいように思う。

 「キコチャン」さんは、上記ブログで、こう書いている。

         #

 組の最後に流れたテロップ。

 確かに、ちょっと変な文章です。

 わざわざ、「今日も時間がなかったからできなかった」と、テロップで流すでしょうか?

 原発事故関連のニュースをするかどうかは、お約束事ではないのですから。

 そして、この不自然なテロップは亡くなった岩路ディレクターに関しての暗号ではないかと、
 今、ネット上で言われています。
 この事に気が付いた人はすごいと思います。

 確かに、テロップが流れたモニターを見た古舘さんは、
 いつものようにさらさらと流れるように話していませんでした。

 言葉で「ディレクターが亡くなった」という事を言えないほどの状況になっているのだと、私は思いました。

Posted by 大沼安史 at 07:06 午後 |