« [コラム あじさいの国へ]◆ 「処理不可能な原子力は人の扱う域ではない」 | トップページ | [あじさいは平和の花]◆ 「イスラエル版NSA(米国家安全保障局)」といわれる最高機密諜報組織の「8200部隊(Unit 8200)」予備役らベテラン43人が、パレスチナ占領地域での作戦参加を拒否! 連名の抗議の手紙で暴露! / 一般のパレスチナ住民に対して、電子的な「全面諜報活動(“all-encompassing” intelligence )」を続け、「弱み」を掌握して協力者に仕立てるなど、パレスチナ人の生活に侵入・コントロール  »

2014-09-15

[だからあじさいの国へ]◆ 「報ステ」 岩路ディレクターが、死体で発見 エネニュースが全世界拡散報道 / カリフォルニアに息子さんを連れて避難し、「安全なエネルギーを求める家族たち」を立ち上げ活動を続ける米国人女性、ビバリー・カネコさんが、ことし1月、日本人の夫とともに私的に会っていた岩路ディレクターの「自殺」をめぐり、米国の反原発ネットラジオで詳細に証言! / 彼は(トモダチ作戦で洋上被曝した)空母ロナルド・レーガンの水兵たちについての番組を計画していた!

 ◆ He had plans for future projects, including a segment on the Ronald Reagan sailors.

       彼は(トモダチ作戦で洋上被曝した)空母ロナルド・レーガンの水兵たち(の対東電訴訟)についての番組を計画していた!

 ◆ Chillingly, a photojournalist friend of ours… said that he and Iwaji reassured each other when drinking, “Whatever happens, I want you to know I will never commit suicide.”

   背筋が寒くなるが、わたしたち(ビバリーさんと夫)の友人の写真ジャーナリトは、一緒に岩時さんと酒を飲んだとき、互いに「何があろうと、決して自殺しない」ことを確かめ合ったと語った。

 ◆  He was found dead having taken sleeping pills. He lit a cold briquette, he taped off the doors of a 3rd floor bedroom in his home, and this all happened in the middle of the summer heat… it was carbon monoxide poisoning.

 彼は睡眠薬を飲んで死んでいた。練炭を燃やし、自宅三階の寝室のドアをテープで目張りしていた。真夏の暑さのなかでの出来事だった。一酸化中毒だった。

 ◆  [Iwaji's friend, journalist Noriyuki Imanishi] refers to an incident where [a] police investigator who appears to be in charge… butted Iwaji’s microphone with his elbow and knocked the reporter into the mud and caused injuries that required a visit to the hospital. [My husband] Yuji and I actually met Mr. Iwaji personally in January… and at that meeting he told us about the police incident.  

 (岩路さんの友人のジャーナリスト、今西憲之さんは)捜査中とみられる警察の刑事が……肘で岩時ディレクターのマイクを払い、岩時さんを泥の上に殴り倒した結果、岩時さんは病院に行くことになった。わたし(ビバリーさん)も夫と、この1月、岩時さんと個人的にあったとき、この警官との出来事を彼から直接聞いている。

 ◆ Yasushi Nishimuta, a freelance reporter, wrote about the circumstances of Iwaji’s death… An acquaintance of Nishimuta’s met Iwaji on August 27th, and that acquaintance said that Iwaji was his old self and he was planning to start tackling the Fukushima issue again in September. On the 28th, Iwaji called the TV station saying he didn’t feel well and he wouldn’t be in. Reportedly his speech was slurred… According to police reports he died on the 29th… Iwaji was going through a difficult time with [divorce related] court mandated arbitration which is often very difficult for the men involved.

 フリー記者のニシムタ・ヤスシさんは岩時さんの死をめぐる状況について書いている。……ニシムタさんの知り合いは、岩時さんと8月27日に会った。そのときの岩路さんはいつも通りで、9月にふたたび、フクシマの問題を取り上げると話していた。翌28日、岩時さんはテレビ局に具合が悪いと電話し、出社しなかった。報道によれば、そのときの声は不明瞭なものだった。……警察によると、岩時さんが死んだのは、29日……岩時さんは(離婚がかみの)調停の困難な状況にあった。そうした調停は、ときに男性当事者にとって、とても辛いものである。

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://enenews.com/very-frightening-journalist-very-popular-japan-news-program-found-dead-only-person-reporting-fukushima-issues-national-tv-chilling-recent-quote-happens-will-never-commit-suicide-video?utm_source=twitterfeed&utm_medium=twitter

 ◎ ビバリー・カネコさんについては ⇒ http://www.culturalnews.com/?p=7662

Posted by 大沼安史 at 05:30 午後 |