« [だから さああじさいの国へ]◆ ヤマトシジミ(シジミチョウ)の放射能汚染葉摂食内部被曝問題を明らかにした琉球大学の大瀧丈二准教授が、国際学術誌へのブログの中で語る! 「人間の被曝研究は虫たちの研究にくらべ政治的な圧力を、より多く受けがちだが、必要である。遅かれ早かれ、人間の健康に関する研究が、科学論文として出てくるだろう」 | トップページ | [だから さああじさいの国へ]◆ 「イスラム国」空爆は「集団的自衛権」の行使 米政府が国連に通告 ★ 米国のオバマ政権(「軍産複合体」政治権力)が、ISIS空爆の口実に、ついに「集団的自衛権」を持ち出した! 「第2次イラク戦争」に、日本の自衛隊が参戦を強いられる恐れが現実化して来た!  »

2014-09-24

[だから さああじさいの国へ]◆ 泉田・新潟県知事 ツイッター : 【原発】事故で飛散した放射性物質を含む指定廃棄物について、環境省が新聞広告で「原子力施設で発生した放射性廃棄物ではない」と説明 → 当然ですが、修正へ

    ⇒ https://twitter.com/IzumidaHirohiko/status/514277139588210688

 ◎ 関連 ブログ「とある原発の溶融貫通(メルトスルー)」 ⇒ http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7864449.html

 ◎ 参考 : 指定廃棄物最終処分場候補地選定を拒否し町議会が全会一致で建設拒否の条例を制定した宮城県加美町が、環境省に質問書
    ⇒ http://www.town.kami.miyagi.jp/index.cfm/6,3763,c,html/3763/20140918-140650.pdf

  河北新報掲載広告に<「宮城県内で処分する指定廃棄物は原子力施設で発生した放射性廃棄物ではありません」との記述がありましたが、宮城県を含む他県の指定廃棄物は、福島第一原子力発電所の事故により飛散した放射性物質による放射性廃棄物であることは事実であります。県民に対して、あたかも安全な廃棄物施設であるかのような印象を与えたと感じますが、事実と異なる広告文の掲載についてお伺います> 

Posted by 大沼安史 at 04:29 午後 |