« [だからあじさいの国へ] ◆ 沖縄タイムス(電子版) 「辺野古新基地:海保拘束、カヌー男性けが」動画つきで報道 / ★ 海保職員が男性の「首に手を当て」「怒鳴る様子が映っている」 男性、顎(がく)関節捻挫など全治2週間のけが 「拘束されてから、首を絞められ頭を何度も海に沈められた」と主張 | トップページ | [だからあじさいの国へ] ◆ いまなお、1万2千人の人々が、生活の根を引き抜かれたままだ。家族は引き裂かれ、老人は孤立し、村に人影はない / 英紙ガーディアンが、フクイチ核惨事3年半の過酷な状況を全世界拡散報道 ★ にもかかわらず、平気な顔で「川内原発再稼働」に進む安倍政権の、たまらない酷薄さよ!  »

2014-09-11

[だからあじさいの国へ] ◆ <福島第一原発> 作業員Dr.ヘリで緊急搬送 「仕事とは関係ないと当社(東電)が判断したので病名は言いません」 9/8 東京電力記者会見(文字起こし)/ ★ 記者たちは追及した、「大体御社が判断して嘘ついた事だっていっぱいある訳でしょ、他に。あるいは事実を言わなかった事が何度あったんですか?」

 ◆ 公共の電波には乗らないけれど、記者の皆さんはオンエアーされなくても、ものすごく頑張ってくださっています。

   ある意味「命をかけている」といっても過言ではない東京電力の記者会見です。

   日本の国民はこのような現実がある事を広く知っておくべきだと思います。

 ★ 文字起こしをしてくれた「キーコさん」は、上記のように言っているが、まったくもって、その通りである。

 東電会見では、フリーの記者だけでなく、テレ朝の記者も、日テレの記者も、東電の広報担当者をきびしく追及している。そして、ヘリ搬送された男性が、何次下請けの作業員だったか、東電が知ろうとさえしていなかったこと、男性は「のどの痛みを訴えていたこと」など事実関係の一部を引き出した。

 なかでも「テレ朝」の記者の追及は、「報ステ」の岩路ディクターを「自死」で失ったこともあるのか、きびしいものだった。

 「大体御社が判断して嘘ついた事だっていっぱいある訳でしょ、他に。あるいは事実を言わなかった事が何度あったんですか?」

 おしどりマコさんの質問も、東電の無責任ぶりを痛烈に暴き出すものだった。

 <作業に起因しようがしまいが、これは「作業中に緊急搬送された」ということで、労働安全衛生法や電離放射線障害防止規則に、作業中の緊急搬送は適用されますので、それは作業内容と病名の因果関係ではなく、全て発表される事象だと思うのですがいかがでしょうか?>

 <関連して聞きますが、この原発の作業6ヶ月目という事で、であるならば、電離放射線障害防止規則による電離検診を受けておられる。直近で受けておられると思いますが、それはいつですか? 6ヶ月ごとなので、構内に入る前と6ヶ月目に受けておられる筈ですが>

                #

 「キーコさん」の文字起こしを読んで、わたしは目頭が熱くなった。

 国民により多くの真実を伝えようと懸命な記者たちの、必死な、その姿を知って!

 岩路ディクレターを弔うには、「自死」の真相究明に加え、フクイチをめぐる欺瞞と隠ぺいの壁を突き崩し、真実を明るみに出す……これ、あるのみ! これしかない!

 
 ★は大沼 ◎ <みんな楽しくHappy♡がいい♪> 

 ⇒ http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3889.html

Posted by 大沼安史 at 07:46 午後 |