« <あじさいの歌> ◆ (再掲) 内田ボブさん ♪ 「おおチェルノブイリ」/ おお 死の時代 だけど おれたちの時代 だから!  | トップページ | <ガザ発> ◆ 国連の学校が攻撃されたラファ 遺体安置所が満杯で子どもたちの遺体をアイスクリームボックスに(ガーディアン紙) ◆ イスラエル軍広報は「近くからロケット弾が発射されたため撃ち返した」と発表する。日本のマスコミは発表を垂れ流す。(田中龍作さん) »

2014-08-04

〔トモダチ作戦で洋上被曝〕 ◆ (エネニュース)米国防総省が米連邦議会(上下両院軍事委員会)に最終報告 : ★ 空母「ロナルド・レーガン」の米兵35人が甲状腺に異常(対照群より24%増) うち2人は甲状腺癌 / その他、さまざまな疾病で、統計的に有意の差(statistically significant)が出ているにもかかわず、フクイチ放射能被曝の明白に関係しているとは言えないと因果関係を否定 / 対東電訴訟の原告将校は、「極端な隠蔽工作、進んでいる」と批判!

★ ペンタゴンが国防次官補名で上下両院軍事委員会に7月19日付けで提出した「最終報告書」は、議会側の求めでペンタンゴンが調査を求められたものだ。

 エネニュースのまとめによると、「ロナルド・レーガン」の乗員は、

 呼吸器系931人(同12%増)、消化器系722人(16%増)、泌尿器系(34%増)、男性不妊38人(48%)、妊娠・出産・産後異常191人(20%増)、その他の兆候1752人(17%増)

 ――と、コントロール群(対照群)と比べて、さまざまな症状の多発に苦しんでいる。

 また、甲状腺異常(Disorders of thyroid gland)は35人(24%増)、男性器疾患187人(17%増)、女性不妊23人(24%)、流産16人(3%増)などとなっている。

 甲状腺癌は2人、出ている。

 比較に使われた対照群は、「トモダチ作戦」に不参加の水兵で、3・11前、2年間に配備されていた人たち。(対照群の病歴を見ると、米海軍の艦船は、〔なぜか〕まるで病院船のような、病人だらけのありさまである!)

 この結果についてペンタゴンは、「小さな、有意の差」が見られるとしながら、「被曝に明らかに関係する、健康状況事象の増加を示すものではなかった(……did not indicate elevated incidence of health conditions plausibly related to their radiation exposures)」として、フクイチ放射能被曝との因果関係を否定している。

 ペンタゴンは当初から、「ロナルド・レーガン」乗員の「フクイチ被曝問題の矮小化」に努めて来たが、今回の「最終報告」は、その線に沿ったもの。

 たとえば甲状腺癌2人のうちの1人が、「トモダチ作戦にたった数日間、従事しただけ」と、まるでほかに原因があるような書き方をしているが、これなど、かなり無理ある取り繕いの印象をいなめない。

 ペンタゴンが仮に連邦議会の責任追及をまぬかれたとしても、サンジィエゴ連邦裁判所で進む、「トモダチ被曝水兵」たちの対東電訴訟の行方がどうなるかはまた別の話。

 原告の中にはすでに難治の特殊な癌で死亡している人もいる。

 ペンタゴンが責任逃れに成功する中、東電に対して、厳しい判断が下される可能性はある。

           *

 
 ★は大沼 ◎ Gov’t Report: Over 1,750 navy sailors suffer from ‘ill-defined conditions’ after exposure to Fukushima radiation while aboard USS Reagan — ‘Significant increases’ in male infertility and child birth complications — Dozens have thyroid disorders, many spontaneous abortions — Veteran: ‘Extreme measures’ used to cover this up
 (3日付け) ⇒ http://enenews.com/govt-report-1750-navy-sailors-ill-defined-conditions-after-exposure-fukushima-radiation-uss-reagan-suffering-significant-increases-male-infertility-complications-child-birth-dozens-thyroid-disor

 * Table A-2 shows five groups of disease/symptoms among the RONALD REAGAN
sailors with small, but statistically significant, increased disease/symptom incidence rates when
compared to the control population. These include: (1) Diseases of the Respiratory System);
(2) Diseases of the Digestive System; (3) Diseases of the Genitourinary System;
(4) Complications of Pregnancy, Childbirth, Puerperium (generally, the 6-week period following
childbirth; and (5) Symptoms, Signs and Ill-defined Conditions (undiagnosed conditions). It is
important to note that none of these conditions are known to be radiogenic in their origins and
are therefore not causally related to ionizing radiation exposures. Additionally, one subcategory,
Infertility, male (606.X) was slightly elevated in the RONALD REAGAN sailors when
compared to the control population. However, male infertility has many causes, and there is no
evidence in the scientific literature linking primary infertility to low-level ionizing radiation
exposure, such as was encountered by the RONALD REAGAN sailors.

 * Through consultation with radiation subject matter experts and review of the current
scientific literature on radiation health effects, we also identified two conditions experienced by
the RONALD REAGAN sailors that are known to be radiogenic; they can be caused by ionizing
radiation exposure but can also occur in the absence of such exposure. These include two cases
of thyroid cancer and one case of non-chronic lymphocytic leukemia (non-CLL). This very
small number of cases would not be unexpected among nearly 5,000 sailors. Furthermore, one
of the cases of thyroid cancer occurred in an individual who was onboard the RONALD
REAGAN for only a few days during OT. Therefore, this individual would have received a
much smaller dose of radiation than others who were on the RONALD REAGAN for the entire
OT period.

 ◎ ペンタンゴン最終報告 
 ⇒ http://www.tricare.mil/tma/congressionalinformation/downloads/Radiation%20Exposure.pdf

Posted by 大沼安史 at 04:47 午後 |