« 〔フクイチ核惨事〕 ◆ 3日 朝と夜 フクイチから「すごくもくもくした何かが流れている」 / 昨日(5日)午後、20キロ地点(広野町・田の神地区)で、空間線量がスパイク ★ 要警戒である! | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ <エネニュース> 人間の体に取り込まれ、高い放射能毒性を発揮する「プルトニウム(Pu)241」 フクイチから、なんと「278兆ベクレル」(278,000,000,000,000 Bq)も放出!/ 東電の算出(1兆2000億ベクレル)の230倍! / イタリアの「ENEAボローニャ研究所」の研究チームがコンピューター・モデルで解析 /「BOB(設計超え=Beyond Design Basis)地震」により、フクイチ原子炉が損壊したと想定! »

2014-08-06

〔さああじさいの国へ〕 ★ 吉永小百合さん ヒロシマの日に、フクシマを(も)語る 

 ◆ 「でも、原子力の発電というのは、特に日本ではやめなくてはいけない。これだけ地震の多い国で、まったく安全ではない造り方、管理の仕方をしているわけですから。どうやって廃炉にしていくかを考えないと」

 ◆ 「できれば、(朗読CDの)『第二楽章』を広島、長崎、沖縄に続いて、福島のものもつくりたい。いろいろと困難なこともあるんですけれど、やりたいと思っています。『第二楽章・福島』とか『福島から』とか、自分の頭の中では考えています」

 ◆ 「日本の原発事故を見て、ドイツでは原発をやめましょうと決めているわけです。でも、日本はそうじゃない。やめたいと思っている方はたくさんいると思うんですけど、声を出す人は少ないんですよね。だからやっぱり、自分が思ったことは声に出したい、意思を伝えたいと考えました。人間の命のほうが電力よりも大事じゃないか、という根本だけは忘れたくありません」

 ◆  「『さよなら原発』と私は声を出していきたい。みんなの命を守るために、今、せっかく原発が止まっているのだから、今やめましょうと」

 ◆ 「まだ毎日、汚染水など現場で苦しい思いの中で作業していらっしゃる方がたくさんいる。そういう中で、外国に原発を売るというのは、とても考えられないことです」

1d8d9863_bb

 ★ 朝日新聞朝刊1面トップ、および第2社会面のトップに。

  ★は大沼 ◎ 朝日新聞デジタル: 吉永小百合さん「どんな状況でも、核兵器はノー」
  ⇒ http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140806-00000008-asahi-soci
 ◎ 朝日新聞デジタル インタビュー詳報
  ⇒ http://www.asahi.com/articles/ASG8474Z5G84PTIL030.html?ref=yahoo

Posted by 大沼安史 at 08:21 午前 |