« 〔フクイチ核・熱・水地獄〕◆ <原発隣接地帯から:脱原発を考えるブログ> 凍らないトレンチ配管の中には何か“相当温かいものが”…………規制委・検討会 | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ ことし5月、ロサスゼルスのデル・レイ・ハーバーで魚が大量死 カタクチイワシ(アンチョビー)が7万尾 ⇔ 日本では2012年6月、千葉・大原漁港、神奈川・三浦市でイワシが謎の大量死を遂げていた! ★ フクイチ放射能海洋プルームとの関係は? »

2014-07-10

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ <Straight.com > 「放射能汚染土」除染は、途方もなく、絶望的な姿を曝け出した! ◆ 日本の環境省は、バンクーバーの巨大ドーム「プレイス・ドーム」23杯分、2900万立方メートルもの膨大な“除染”土を貯蔵するというが、東大のモリグチ教授によれば、それでは済まず、80杯分になるという! / 石原環境大臣の「金目」発言も紹介!

Imagesdd

  ★ ドーム23杯と80杯との4倍近くもの開き!

  おまけに除染は、山からの「降灰」と、フクイチからの放出フォールアウトの持続で、イタチごっこである!

Imagesaa

  生物除染などを含む、抜本対策が急務だ。

  「金目大臣」にはまかせておけない!

Img_7181sv

  ★は大沼 ◎ (4日付け) ⇒ http://www.straight.com/news/680196/fukushimas-radioactive-soil-sparks-fights-exposes-enormity-and-hopelessness-clean-task

               *

 * In the months after the 2011 earthquake-and-tsunami catastrophe, environment ministry experts estimated that the amount of radioactive topsoil from parts of four surrounding prefectures that would have to be “decontaminated” and stored could be as high as 29 million cubic metres.

 That would be about enough dirt to fill the 59,000-capacity B.C. Place Stadium 23 times.

 However, Yuichi Moriguchi, a University of Tokyo environmental-engineering professor, pegged the amount at closer to 100 million cubic metres, enough to fill 80 B.C. Places.

 * Minister Ishihara had told reporters in Tokyo on June 16 that the dragged-out and often acrimonious soil-storage negotiations between Abe’s Liberal Democratic Party–led administration and local and state governments in Fukushima would be solved once the issue of “monetary value” was settled.

Posted by 大沼安史 at 01:43 午後 |