« 〔だからあじさいの国へ〕 ◆ ニューヨーク・タイムズが 安倍政権の戦争推進政策に対する新宿での「焼身プロテスト」を現場写真つきで全世界拡散報道 / 「反戦憲法を守ろうとする、たったひとりの抗議行動のよう」  | トップページ | 〔さああじさいの国へ〕 LinkAsia が動画映像で、安倍政権への大抗議デモと、新宿焼身プロテストを、全世界に拡散報道 ★ (閲覧注意) 焼身プロテストをした男性は、炎の中で立ち上がり、抗議を続けていた! »

2014-07-01

〔あじさいの言葉〕  土壌浄土

 今朝、目覚めたら、ふと、こんな言葉が浮かんだ。

   土壌浄土

 海苔の宣伝文句みたいな、そんなことばが浮かんだあと、意識を土壌と考えれば、これもありだな、と思った。

   意識浄土

               *

 今朝も30分、ジョギングをした。

 右手に、農業用ミネラルを1滴入れた、ちいさなペットボトルを持って、「土壌浄土/意識浄土」と音頭をとりながら、走った。

 高台にある古刹の、お地蔵さんの裏にある井戸水で薄め、帰り途の、電信柱のわきで、病気で苦しんでいるアジサイの根のところにまいてあげた。

 かれこれ1週間になる、あたらしい朝の日課。

               *

 緑茶色になっていた葉っぱの何枚かが、明るい緑色になっている!

 農業用ミネラルで、アジサイの根元の土の浄土化が進んでいる!

 うれしくなって――へへへ、楽しくなって――こちらの心も浄化された。

   意識浄土。

               *

 ぼくがあじさいにあげている農業用ミネラルは、つくばに研究所をもつ、川田薫先生が岩石から抽出したものである。(⇒ http://www.kawada-labo.com/taskguide.htm )

 農家の方々から、効能を聞いてはいたが…………。

 病んだあじさいにあげることで、それがいかにいのちを助け、育てるものか、自分でも納得した。

               *

 農地の疲弊、農業の危機が指摘されている。

   川田薫先生のミネラルは救いだ。

 心の疲れ、精神の危機が叫ばれている。

   岩から取り出されたミネラルは救いだ。

               *

 土壌浄土 意識浄土

 わたしたちはたぶん、物質・精神の両面で癒されなければならない。

 病んだあじさいとは、わたしたちであり、この日本のことでもある。

Posted by 大沼安史 at 09:15 午前 |