« 〔さああじさいの国へ〕 ◆ <河北新報> 仙台空襲69年 戦災と震災体験の女性 平和と復興を「仮設」から願う  87歳の元看護師、斎藤清子さんにとって<集団的自衛権の行使容認が閣議決定されたことも気掛かりの一つだ。「世界のあちこちで戦争ばっかり。人間の欲望なんでしょうか」。斎藤さんは被災地の復興とともに、静かに平和を祈っている。> | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ <Straight.com > 「放射能汚染土」除染は、途方もなく、絶望的な姿を曝け出した! ◆ 日本の環境省は、バンクーバーの巨大ドーム「プレイス・ドーム」23杯分、2900万立方メートルもの膨大な“除染”土を貯蔵するというが、東大のモリグチ教授によれば、それでは済まず、80杯分になるという! / 石原環境大臣の「金目」発言も紹介! »

2014-07-10

〔フクイチ核・熱・水地獄〕◆ <原発隣接地帯から:脱原発を考えるブログ> 凍らないトレンチ配管の中には何か“相当温かいものが”…………規制委・検討会

 ★ 相当温かいものとは、核燃破片の「崩壊熱」に違いない! 

 だから、こんな指摘が出たのだ。

  「管のあるところが13℃とか15℃とかになっていますよね、普通、現在の地中温度だと・・・こうはなりませんよね・・・配管の熱源なんかも検討していただきたい・・・せっかく観測しているのだから、観測値を用いて熱量計算できるのだから、そんなに難しい計算ではないと思いますから、配管の中に実際にどういうものがあるのか、必ずしも外側の空気の影響だけではなくて、やっぱり相当温かいものが入ってきているっていう可能性が十分考えられますので、・・・、そこも含めた上で、きちんとやってもらいたい」

 フクイチ水地獄の中に、核の熱源が潜み、凍結を阻んでいた!

 それだけではない! 

 なんと――

 「要するに何かというと、(トレンチの超高濃度汚染水が)漏れてる」

 「「このデータを単純に見ると、プラス0.5くらいまで水位が上がって、下の流速が上がってきたと見ることもできる。漏れてないとこういう方向は出ないのではないか」

  ――との指摘さえも!

 猛烈な放射能に汚染された1万1000トンもの「死の灰」汚染水が漏れ出している! 

 行き先はもちろん、、目の前の海!

 <原発隣接地帯から:脱原発を考えるブログ>のこの追及記事(ブログ)で、フクイチ核地獄が、「熱地獄水地獄複合地獄であることが、明らかになった! 

               *
  
 ★は大沼 ◎ ⇒ http://fkuoka.blog.fc2.com/blog-entry-1218.html

Posted by 大沼安史 at 01:32 午後 |