« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ フクシマ・漂流ガレキ 北米西海岸・カナダのランガナ島南西沖合の到達 「腰までの深さ」/ 冷蔵庫、転覆したボート / 沖合になお大量のガレキ | トップページ | 〔ガザ発〕 ◆ 国連の学校 砲撃で、少なくとも19人死亡 90人が負傷 / 2校目 /現地の国連当局が声明 「子どもたちは親と教室で寝ていて殺された。全人類的に恥ずべき攻撃だ」 /  チリ、ペルー政府 駐イスラエル大使に帰国を命じる »

2014-07-30

〔いのちのフクシマ〕 ◆ ニホンザルの血液異変問題 ワシントン・ポスト、ロサンゼルス・タイムズも報道 / 福島市郊外の群れ 血液異常(赤血球・白血球減少)に加え、筋肉から放射性セシウムを検出! / 日本の研究チームが指摘、「免疫システムがやられ、病気に対する抵抗力が落ちている可能性」

 ★ 英紙ガーディアンが最初に報じた福島のニホンザルの被曝問題が、北米の有力メディアによって拡散報道された。

 このニュースはわたしたちにたいする重大な警報であり、警告である。 

               *

2b65f29f376e409b93e0e107ec54cebb460

 ★は大沼 ◎ (28日付け) ⇒ http://www.washingtonpost.com/national/health-science/nuclear-accident-in-japan-may-have-harmed-health-of-wild-monkeys-living-nearby/2014/07/28/117eca86-1416-11e4-98ee-daea85133bc9_story.html

 ◆ ロサンゼルス・タイムズ :Wild monkeys suffer low blood cell counts near Fukushima power plant
  24日付け ⇒ http://www.latimes.com/science/sciencenow/la-sci-sn-fukushima-monkeys-20140724-story.html

 * The monkeys in the vicinity of Fukushima City had detectable levels of radioactive cesium in their muscles, while the northern monkeys did not. Researchers also found that the Fukushima simians had significantly lower white and red blood cell counts.

 * The authors said the consequences of their findings remained unclear but they “may suggest that the immune system has been compromised to some extent, potentially making individual animals and the entire troop susceptible to, for example, epidemic infectious disease.”

 ◎ 本紙ブログ既報 : フクイチから70キロの山林に生息する野性のニホンザルの血液異常 フクイチ放射性降下物と「連関」(Wild monkeys in the Fukushima region of Japan have blood abnormalities linked to the radioactive fall-out )―― 世界的に読まれている英紙ガーディアンが日本人チームの研究結果を世界拡散報道!/ 幼く若いサルに強い被曝の影響 / 冬の間、放射能が蓄積した木の芽・皮を食べたのが原因
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/07/wild-monkeys-in.html

Posted by 大沼安史 at 07:14 午後 |