« 〔ガザ発〕 しがみつく少年  / 「神よ、来てください」と叫ぶ男 | トップページ | 〔ガザ発〕 中心部の病院砲撃で5人死亡 / 10階建てビルにミサイル / 一家28人が死亡した家族も / ★ 5月に来日し、安倍首相と握手を交わしたイスラエルのネタニヤフは、ガザでなおも殺戮を続けている!  »

2014-07-23

〔いのちのフクシマ〕 ◆ <DAYS JAPAN> が最新号(8月号)で、「福島の母 440人の証言」を別冊特集 ④ 子どもの食べ物で不安なことは? / 「どうしても自分の子どもには」 / 「先生に訴えたが……」 / 「人質にとられているようで」 / 「プルトニウムも検査して」 / 「義母が茸を」 / 「久米島の保養で体調、よくなった」

 ★ 別冊特集の掲載されたQ&Aの4つ目の質問は、「子どもの食べ物について不安なことは何ですか?」(Q23)。

 回答のいくつかを紹介する。(太字は大沼)

 * 農家や水産業のみなさんや福島の経済のことを考えると、福島の食物を積極的に食べましょう!! という気持ちは理解できるが、どうしても自分の子どもに福島の食べものを食べさせることが心配でできない。水道の水も飲ませられない。魚は太平洋産と書いてあるだけで触りたくもない。

 * 給食が不安。測っていても20ベクレルは高いと思う。

 * ……せめて子どもが食べる給食の産地は遠い産地のものを使ってほしいと先生に訴えましたがまったく変わっていません。

 * 学校給食について、福島市は、3・11前は市内の食材が40パーセントだったそうです。今は50パーセントだそうです。「いいんですか?」と聞きたいです。子どもたちを犠牲にしないでほしい。データがほしいなら私たち69歳以上の年寄りでやってほしい。……

 * 川俣町の小中学校では地元の米が給食で食べさせられている。子どもを人質にとられているようで、文句を言えるような状況がすっかりなくなってしまった。……

 * ……セシウムだけでなくプルトニウム等も検査してほしい。

 * ……セシウムばかり注目されてているが、他の放射性物質はどうなのかきちんと教えてほしい。

 * ……でも親と同居していると、知らぬうちに県内産の物が食卓にある時があり、「そういうのは……」という話になると必ず親と喧嘩となる。

 * まったく気にしない義母が、子どもたちに野性の茸、山菜、タケノコを食べさせる。

 * 久米島の保養に行ってからは体調がよくなったので、北海道の玄米を食べるようにしている。

              * 

  ★は大沼 ◎ 母親たちの証言 : 2014年8月号(7月19日発売号)
  ⇒ http://www.daysjapan.net/bn/1408.html

Posted by 大沼安史 at 08:11 午前 |