« 〔いのちのフクシマ〕 ◆ <DAYS JAPAN> が最新号(8月号)で、「福島の母 440人の証言」を別冊特集 ① 子どもたちは事故後1週間をどうすごした? / 「ただちに影響はない」で、マスクをさせなかった / 「3号機爆発の日、4時間、(子どもと一緒に)並び続けた」 | トップページ | 〔心やすらかなあじさいの国へ〕 ◆ <辺野古ブイ設置> 琉球新報 : 関係者によると、安倍首相は今月上旬、官邸の執務室に防衛省幹部を呼び、移設作業の進捗について報告を受けた際、「なぜ作業が遅れている。さっさとやれ」などとブイ設置や海底調査開始の遅れについて声を荒らげて叱責。机をたたくなどしてまくし立てたという。 »

2014-07-21

〔いのちのフクシマ〕◆ <DAYS JAPAN> が最新号(8月号)で、「福島の母 440人の証言」を別冊特集 ② 「ただにち影響はない」「100mSvまでは安全」について / 「国際法廷で裁いて。平気で嘘をつく悪魔」/ 「国の偉い人たちはみんなで、国民を騙した」 / 「あの不気味な笑顔を忘れられません」 / 「ではわかるように実証して下さい」 / 「わたしたちは生き証人」 

 ★ 別冊特集の掲載されたQ&Aの2番目の質問は、「ただにち影響はない」「100mSvまでは安全」報道や発言を今どう思いますか?(Q19)。

 回答のいくつかを紹介する。

 * 殺人です。

 * 犯罪です!! 本人と子どもと孫も100ミリシーベルトまで浴びて生活してほしい。本当に腹が立って腹が立って! そのせいで町中でマスクする人が減り、校庭でセシウムを吸い、皮膚からも吸い、取り返しのつかないことになりました。国際法廷で裁いて、世界に悪行を知ってもらいたいです。はらわたが煮えくりかえります。どうなるのか知っていて安全だと平気でうそをついて悪魔だと思う

 * 福島で安全神話をおっしゃった御用学者や政府および医師たちは一生許せません。命ある限り、福島で何があったかを伝えていきたいと思います。

 * …………周りの人たちのなかには「大丈夫なんだな~」と何の疑いも持たずに畑の野菜を食べている人もたくさんいました。放射能は「目に見えない」「においもない」「味もない」。政府にとってはとても都合がよかったのですね。国の偉い人たちはみんなで、国民を騙したのだと思いました。お金がかかるから除染はほどほどに。お金がかかるから汚水は海に流そう。やりきれない思いです。

 * 原発から30キロ圏外ではまるで大丈夫だというような状態でした。いまでも山下俊一のあの不気味な笑顔を忘れられません。ネットを開けば危険な情報ばかり。一言でも「逃げろ」と言ってほしかった。。

 * 事故直後から1~2か月間自宅が水没したためパソコンが利用できず、テレビからの情報がすべてでした。その言葉に救いさえ感じられ、ふるさとのためにとスーパーに売られている地元の食材をなるべく買っていました。自宅の修復も一段落してパソコンで調べはじめたらもう…………自分のとっていた行動に後悔の日々でした。子どもたちに本当に申し訳ない。そして国への不信感が増しました。

 * ひどい! 許せない! 日本という国が信じられなくなった。民主主義国家ではなく、北朝鮮に似た国、情報をコントロールする国なのだと思った。

 * ふざけるな! では私たちにわかるように実証して下さい。

 * …………私たちが生き証人なんだと思う

              * 

  ★は大沼 ◎ 母親たちの証言 : 2014年8月号(7月19日発売号)
  ⇒ http://www.daysjapan.net/bn/1408.html

Posted by 大沼安史 at 08:07 午前 |