« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 福島県庁が「ふくしまから はじめよう。若い力による風評対策提案事業」! / <Fukushima Diary> が、英仏文記事で世界拡散! ★ 1団体最大800万円を交付して「若い力」を生かす! ここでいう「若い力」とは、「行動力や感性等」を指すという!  | トップページ | 〔空から歌が聴こえる〕 「秋田音頭」が「浜辺の歌」に、なった!……??? »

2014-06-04

〔あじさいの言葉〕 <集楽> ――  「楽しいことは正しいこと……楽しいことが集まる。上山集楽!」  「それでは、はじまりはじまり」 / 法政大学在学中から岡山県美作市の山間の上山集落に入り、棚田を復活させ、古民家を再生するなどムラ起こしを続ける水柿大地さん(現在25歳)の言! ★ 日本の希望は、<集楽>に、あり!

51fpyn38btl__sl500_aa300__3

  ★は大沼 ◎ 岩波書店 『21歳男子,過疎の山村に住むことにしました 』
  ⇒ https://www.iwanami.co.jp/cgi-bin/isearch?head=y&isbn=ISBN4-00-500773

 * 「見とれ!」,74歳のみっちゃんは僕からクワをとりあげると,田んぼの畦を泥できれいに塗っていく.さすが! ――地域おこし協力隊員として村に入った大地は,お年寄りの元気と技に驚く毎日だ.

  都会から若者たちが入り込み,地元の人に学びながら,棚田再生,米作りや炭焼きに取り組む.

  8300枚の棚田の里に輝きがよみがえってきた.

               *

 ★ 水柿さんの本に、こんなことも紹介されている。

 <……旧・東粟倉村〔は〕……かつて林業地としても栄えていた地域である。2013年より「鬼の〔木材〕搬出プロジェクト」を……開始。木を搬出した対価として配られる地域通貨は「オニ券」と名づけられた>(同書160~161頁)

               *

 山村の振興と地域通貨の接続!

 水柿さんは上山集落(楽)で、以下のような「明確な目標」を――個人的な目標を持っているという。

 それは「幸せな家族を持つこと」。(同書210頁)

 わたしは亡国の危機を救うのは、水柿さんのような若者たちの「明確な目標」であると思う。

 若者たちよ、<集楽>でつながりあい、この国を救ってくれ!

Posted by 大沼安史 at 01:03 午後 |