« 〔だからあじさいの国へ〕◆ <東洋経済オンライン> 原発事故訴訟で追い詰められる国と東電――のらりくらりの答弁に裁判長も不快感 / 住民側が「重要な証拠」として開示を求めた資料について国側弁護士は「現存しない」と言った。裁判長は(現存しないというなら)「その根拠を」と、たしなめた! | トップページ | 〔フクイチ・グローバル核惨事〕◆ 日本のマスコミ :ALPS(汚染水浄化装置) 3ヵ月ぶり、3系統「フル稼働」と報道 ⇔ 米の原子力専門ネットメディアの「エンフォルマブル」: 「来(7)月には、2系統が修理でまた止まる。東電はいつまで<試験運転>を続ける気なのか」と批判  »

2014-06-24

〔もう だからあじさいの国へ〕◆ 「セクハラヤジ」の鈴木章浩・都議は2012年8月19日、尖閣諸島の魚釣島に上陸を敢行していた! ビデオレター(ユーチューブ)で報告、「義を見てせざるは勇無きなり。日本の諺でございますけども」―― 論語(中国の古典)の名言を、日本のコトワザと強弁!

 ★ フクイチの「第1サティアン」と言い、最近は「最後は金目でしょ」と言い放った石原伸晃氏を会長にいただく自民党都連の有力政治家は、さすがだ!

 論語の有名な文句を、日本のコトワザだなんて。

 この人には、(太田区議時代の)「海外視察報告書に大学教員の講演要旨を丸写し」疑惑なども指摘されている。

 日本の「保守」政治家のなんという劣化のはなはだしさよ!

 安倍氏が首相になるのも――首相でいられるのも……ムベなるかな、である!

               *

  ★は大沼 ◎ 上野恭二朗さんのツイッター (そこにユーチューブへのリンクがあります)⇒ https://twitter.com/uenoyasujiro/status/480979627070873600

 ◎ コトバンク 〔論語 為政〕
  人として当然行うべきことと知りながら,それを実行しないのは勇気がないからである。
 ⇒ http://kotobank.jp/word/%E7%BE%A9%E3%82%92%E8%A6%8B%E3%81%A6%E3%81%9B%E3%81%96%E3%82%8B%E3%81%AF%E5%8B%87%E7%84%A1%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%82%8A

 ◎ Wikiでの指摘 : 海外視察報告書に大学教員の講演要旨を丸写し/海外視察報告書にウィキペディアを丸写し
 ⇒ http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E7%AB%A0%E6%B5%A9

Posted by 大沼安史 at 08:13 午後 |