« 〔下村ノート①〕 ■ 「東電には〔フクイチ〕現場からリアルタイムで情報が入っていた」 ★ そのことを内閣広報担当の下村健一さんが知ったのは、3・15未明 菅直人首相を追って東電本店に駆けつけたときだった! ★ 3・11フクイチ核惨事の発生から、すでに4日目! 朝日新聞掲載の「下村ノート」で、東電の情報統制、明るみに! | トップページ | 〔下村ノート③〕 ★ 3・15 午前6時14分の記録 ◆《かなり大きい音がして急にゼロになった》《(東電)〔2号機〕圧力容器 底ぬけて下に落ちた?》 ★ これは2号機の「核爆発」説を裏付ける重大記録ではないか! »

2014-06-12

〔下村ノート②〕 ◆ 《現場撤退は絶対ない。日本の東半分を核廃棄物にするわけにはいかない!》《社長以下責任を負う 60才以上ここで死ぬ覚悟》 ★ 3・15未明、一足遅れて東電本店に駆けつけた下村さんは、菅首相が東電幹部にぶった演説の内容を告げられ、「ノート」に記録していた! ★ 「日本の東半分を核廃棄物にするわけにはいかない」!!! ――これはフクイチ核惨事の歴史に記録すべき言葉だ! 

 ■ 東電の対策本部がある本店2階に駆け上がると、「総理執務室の誰かが」が真っ青な顔で、菅首相が東電幹部にぶった演説の内容を耳打ちした。下村氏はその場でノートに書きとめた。……

               *

 ★ 3・11のとき、菅直人氏が首相でいてくれたことに、わたしたちは感謝すべきかもしれない。

 野田氏や安倍氏が首相だったら、東電本店に怒鳴り込むこともなく、東日本は核の廃棄物と化していたことだろう!

Posted by 大沼安史 at 07:36 午前 |