« 〔安倍政権が公明・創価学会を恫喝!?〕 ★ 公明と学会の関係、「政教分離見解」見直しも 飯島勲・内閣参与がワシントンの講演で言及! ★ 内閣参与の発言は安倍内閣の見解表明に等しい! 公明党が、何から何まで、安倍内閣に屈服する(せざるを得ない)理由が分かった! | トップページ | <田中龍作ジャーナル> ◆ 集団的自衛権 「生きる権利をふみにじって何が首相だよ」 ★ 12日の東京・日比谷野音での反戦集会で、菅原文太さんは言った、「皆さん、命を賭けましょう。私はもう80だから惜しくない」 »

2014-06-13

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ 汚染水からストロンチウムをフィルター除去 / 東電 米キュリオン社の移動式放射能除去装置を〔いまごろ〕導入!

Kurion_mobile_processing_system_ski

  ★ ごらんのように、移動式である。どこへでも配備できる!

   東電は被曝地の水道浄水場、学校の給水施設、農業用水施設にも配備すべきである。

   写真はキュリオン社のHPより。

   それに、キュリオン社はトリチウムの除染技術も持っている! 

   東電はトリチウム汚染水の除染をする義務がある!

               *

 

 ★は大沼 ◎ ブルームバーグ ⇒ http://www.bloomberg.co.jp/news/123-N6XF0H6K50ZZ01.html

 * 6月9日(ブルームバーグ):東京電力 は福島第一原子力発電所の汚染水に含まれる放射性物質を除去するための2つ目のシステムを導入する。同社は試運転中の汚染水浄化システムの問題克服に苦しんでいる。

東電は福島第一原発にたまっている約40万トンの汚染水からストロンチウムを除去するための装置について米クリオンと契約した。クリオンが9日発表した。ストロンチウムは骨のがんとの関連性が指摘されている。

クリオンの設備は敷地内の汚染水浄化設備である「多核種除去設備(アルプス)」と併用される。東芝製のアルプスはストロンチウムをはじめとする62種類の放射性物質を汚染水から取り除く設計となっている。

 ◎ 日経テクノロジー(無料登録で全文閲覧可) ⇒ http://www.nikkeibp.co.jp/article/news/20140610/401849/?rt=nocnt

 ◎ キュリオン社 プレス発表 ⇒ http://www.kurion.com/newsroom/press-releases/kurion-awarded-contract-to-treat-tank-water-at-fukushima-daiichi-nuclear-power-plant

               *

 ★ キュリオンのトリチウム除染技術については
 ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/02/post-5cb5.html

Posted by 大沼安史 at 08:03 午前 |