« <細野証言 ②> ◆ 「3・15 米軍に頼りたい雰囲気はあった……(しかし)自衛隊が行動しない中で先に米軍が行動することはない」 | トップページ | <電磁波メモ> ◆ その名は「アラーの声( “voice of Allah.”)」! イラクで過激派に対して実験! 遠くから、特定の個人だけに「聴こえるメッセージ」を送り込む! ◆ アリゾナ州立大学・戦略コミュニケーション・センターのサイトで、エディターのスチーブン・コーマン氏が、その存在を、米政府の会議の場で聞いたことを明らかに! ★ うわさの「神の声」兵器はやはり実在していた! »

2014-06-02

<細野証言 ③> 4号機爆発 : 「ものすごい謎だった。4号機は、水素爆発はないという大前提だった」 ★ 「ものすごい謎」にもかかわらず、東電は「3号機からの水素を含むベントガスの排気管を通じての流入」で片づけた!

 
 ★ 定期点検中だった4号機については、何らかの秘密作業が原子炉およびその周辺で行なわれていたのではないか、との指摘がある。

 それにしても、細野氏の言う「ものすごい謎」の中身を、どうして朝日新聞の記者たちは追及しないのだろう!

               *

  ★は大沼 ◎ 朝日新聞デジタル(2日付け)
  ⇒ http://digital.asahi.com/articles/ASG6165LTG61UEHF008.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASG6165LTG61UEHF008

 ◎ 4号機爆発をめぐる東電の主張 :3月15日午前6時14分頃、4号機の原子炉建屋で水素爆発が起こりました。この原因は3号機の格納容器ベントに伴い、水素を含むベントガスが排気管を通じて4号機に流入したためと推定しています。
 ⇒ http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/outline/2_9-j.html

Posted by 大沼安史 at 09:07 午後 |