« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ キプロス視覚化研究所(ニコシア)が「フクイチ・セシウム137世界拡散シュミレーション動画」を公開  | トップページ | 〔いのちのフクシマ〕 <田中龍作ジャーナル> ◆ 被ばく牛、国に抗議 「棄畜の次は棄民」 »

2014-06-21

〔いのちのフクシマ〕 ◆ 被曝牛を連れて浪江「希望の牧場」の吉沢正巳さんが20日、トラックで上京し、抗議行動! 農水省前――被曝して体中に白い斑点のできた黒牛の「直訴」を警察官たちが阻止 /「人間も家畜も生きているんだ! 黙ってはいられない」――吉沢さんの叫びをAP通信が全世界拡散報道

460x2

  ★は大沼 ◆ 鮮明な写真と記事は → 

 ◎ AP:Fukushima farmers appeal to Tokyo with live bull
(20日 東京発) ⇒ http://bigstory.ap.org/article/japan-farmers-seek-aid-radiation-zone-cattle

 * "Discarded towns, discarded evacuees. The cattle and people are still living. We cannot remain silent," Yoshizawa said.

 ◆ 本ブログ 吉沢さん関連既報

 * <ミスター・ヨシザワは、「フクシマ・カウボーイ(Fukushima cowboy )」だ! /浪江町の「希望の牧場・ふくしま」で、被曝牛たちを見殺しにせず、世話し続ける吉沢正巳さんを、豪ABCテレビが報道!/ (おそらくは) 被曝で、牛の背中に、誰も見たことのない、白い斑点ができている!>
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/fukushima-cowbo.html

 * <「彼(ヨシザワさん)は、死んだ母牛のそばで鳴く、生まれたばかりの赤ちゃんを見て、決心した。残りの牛たちを守る! そして彼は、その赤ちゃん牛に、ストローベリー(イチゴ)と名付けた」 /ニューヨーク・タイムズも、牛たちを守る浪江のカウボーイ、吉沢正巳さんの闘いを報道! 「この牛たちは、フクシマにおける人間の愚行の、生ける証だ(“These cows are living testimony to the human folly here in Fukushima,” )」!>
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/these-cows-are-.html

 * <「決死救命」!/ 「抗日! 牧夫は被曝牛を守る!」(Defying Japan, farmer saves Fukushima'snuclear cows)/ ニューヨーク・タイムズ浪江発特派員電を、豪シドニー・モーニング・ヘラルドが掲載!/ フクシマのカウボーイ、吉沢正巳さんの闘いの姿、世界をめぐる!>
  ⇒ http://onuma.cocolog-nifty.com/blog1/2014/01/defying-japan-f.html

Posted by 大沼安史 at 10:52 午前 |