« 〔空から歌が聴こえる〕 「秋田音頭」が「浜辺の歌」に、なった!……??? | トップページ | <電磁波メモ> 米軍がイラクで「長距離音響装置(LRAD)」を「神の声兵器」として使用していた! ワイアド誌も〔引用〕報道 »

2014-06-05

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 「300万人の子どもたちが治療を受けねばならず、その多くが育ち切らずに死亡することになろう」 国連のアナン事務総長が2000年のチェルノブイリ報告書で明言! ★ チェルノブイリを超えるといわれるフクイチでは、いったいどんなことになるのか?

 ★ このAP記事の存在を、わたしは竹野内真里さんのツイッターで教えてもらった。
   ⇒ https://twitter.com/mariscontact

 APの記事によると、アナン事務総長は、チェルノブイリ事故14周年の報告書の前書きに、上記のように記していた。

 国連は、核(原発)問題になると、国際原子力ロビーによるIAEAが前面に出てきて、問題を矮小化し続けて来た。

 今回のフクイチ核惨事でも、同じことを繰り返し、まるで放射能が無害であるかのように宣伝している。

 アナン事務総長のこの明言にもまた、そうしたプレーダウンの傾向なきにしもあらずだが、それでも、日本政府・東電に言わせたら、「とんでもない風評被害を招く」数字を出し、警告している。

 わたしたちは、いのちの実害を、風評といって風化させてはならない。

               *
 
 ★は大沼 ◎ AP通信 : U.N.: Worst effects of Chernobyl disaster may yet to occur 
 (2000年4月26日付け)⇒ http://news.google.com/newspapers?

id=fK5IAAAAIBAJ&sjid=mQENAAAAIBAJ&pg=1350,4133983&dq=victims+may+never+be+known+but+3+million+childr

en&hl=en
 ◎ ソース記事 : エネニュース ⇒ こちら 

 * He said the exact number of victims may never be known, but that 3 million children require

treatment and “many will die prematurely.”

Posted by 大沼安史 at 09:22 午前 |