« 〔だからあじさいの国へ〕◆ <Fukushima Diary> 東京の中学生男子 学校の健康診断で「甲状腺が腫れている」→ 総合病院で「甲状腺腫」確定 → 学校からきた健康診断結果「所見なし」 / 「どこが誰が隠蔽指示したんですか? 恐すぎるんだけど」 / 父親の問題提起ツイッターが、英仏訳で全世界拡散開始! | トップページ | 〔だからあじさいの国へ〕◆ <Fukushima Diary> 東京から届く宅配便 箱を開ければ、毎時0.21マイクロシーベルト! 「いつもこれぐらい。いつも宅急便は玄関先で開けるけど、荷物が来ると空気が変わる…。トラックの荷台とか、凄い汚染されてるだろうな…」 / 主婦のツイッター、英仏訳で全世界拡散開始 »

2014-06-23

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 ◆ ◆ ◆     <Fukushima Diary>  バイパス放流――それも汚染地下水の太平洋放出続行でも、原子炉建屋地下流入地下水量の減少報告なし! / ALPSもダメ、凍土遮水壁もままならず!/ 「あらゆる水対策、失敗の可能性」 !!

★ フクイチ核の水地獄の危機的な現実、英仏記事で全世界拡散開始!

  タンク貯蔵にも限界があるから、結局は、核燃溶融マグマを地下水で「冷却」し続けて、それによって生れる超猛毒放射能汚染水を太平洋に垂れ流しすることになるのか! 

  それも半永久的に!

  小出裕章のスーパータンカー貯蔵方式を採っていればよかったものを!

  日本政府・東電にはもう、フクイチ対策はまかせておけない!

 * There is the possibility that all of the measures fall through.

 ★は大沼 ◎ ⇒ http://fukushima-diary.com/2014/06/bypass-water-discharge-to-the-pacific-turned-out-meaningless-tepco-to-continue-for-a-few-more-months/

Posted by 大沼安史 at 06:52 午後 |