« 〔だから あじさいの国へ〕 <実測チェルノブイリ放射能汚染地図 福島の人が住む町と比較> 広河隆一さん責任編集の「DAYS JAPAN」最新号(5月20日号)が、空撮写真・測定マップで、チェルノ被曝地とフクイチ被曝地を対比! ★ フクシマでは、そこに人々が、そのまま生活している! | トップページ | 〔だから あじさいの国へ〕 沖縄タイムス・社説 「国民不在の危険な陶酔」 / 首相を含め19人の閣僚による「憲法クーデター」だと批判されても仕方のない »

2014-05-19

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 <福島原発事故の、後始末のほんの一部に過ぎない汚染水ひとつでさえ、大き過ぎる(yet in absolute terms it is enormous)> 放射能汚染水「日本記者クラブ賞」を受賞した毎日新聞の山田孝男さんのコラム(英訳)が世界拡散開始! 

 ★ わたしは以前、山田さんに一度だけお会いしたことがある。

   誠実な、おだやかな方だった。

   エネニュースが拡散した、この穏やかで誠実な筆のコラムは、世界の読者の心に、深い共感を広げることだろう。

 
  ★は大沼 ◎ Outcome of battle against radioactive water at Fukushima plant in doubt
 デイリー・マイニチ(17日付け) ⇒ http://mainichi.jp/english/english/perspectives/news/20140517p2a00m0na006000c.html
 ◎ ソース記事 : エネニュース ⇒ http://enenews.com/japan-newspaper-we-are-facing-a-problem-so-large-at-fukushima-its-impossible-to-see-it-all-battle-with-radioactive-water-in-doubt-its-currently-impossible-to-deal-with-relentless-flow

 * We are facing a problem so large it's impossible to see all its dimensions. Eventually, we'll be able to grasp what's happening, but for now, no. The radioactively contaminated water at the Fukushima No. 1 nuclear plant is but one, relatively small part of the greater cleanup at the disaster-stricken facility, and yet in absolute terms it is enormous.

 (日本語原文)

 大き過ぎて見えない問題がある。何が起きているのか、やがて分かるが、いまは見えない。福島原発事故の、後始末のほんの一部に過ぎない汚染水ひとつでさえ、大き過ぎる。

 * We are now three years into the Fukushima nuclear crisis. What we can say for certain, though, is that neither the radiation nor the contaminated water at the plant is getting any less, and there is no guarantee that the battle against them will turn in our favor.

 原発事故3年。いまだ全容不明だが、放射能も汚染水も減らず、順調に減る確かな保証もないということは分かる。(

 ◎ 関連 山田孝男さん(毎日新聞特別編集委員)のコラム「風知草」:「汚染水戦記」(12日付け 日本語)
   ⇒ http://mainichi.jp/shimen/news/20140512ddm002070096000c.html

   * 

 ◎ 関連 山田孝男さん、「日本記者クラブ賞」を受賞(毎日新聞 4月19日付け)
   ⇒ http://mainichi.jp/shimen/news/20140429ddm010040004000c.html

Posted by 大沼安史 at 11:17 午前 |