« 〔だから あじさいの国へ〕 「集団的自衛権」行使容認の安倍首相の私的諮問機関、「安保法制懇」、<複数の委員が「単なるお飾りだった」と嘆く中。会議は役割を終え>た。<委員のひとりは言った、「わたしたちは政権のための駒だった……」> ★ 「平和憲法」をふみにじる安倍政権にとって、御用有識者会議を手玉にとるなど、屁でもない?! | トップページ | 〔あじさいメモ〕 安倍政権、戦争へ「基本的方向性」――1週間前、8日付けのニューヨーク・タイムズの社説が思い出される…… ★ Japan is facing a genuine test of its democracy. 「日本はデモクラシーのほんとうの試練に直面している」! »

2014-05-15

〔フクイチ・グローバル核惨事〕 「このとても、とても、悲劇的な、惨事(this very, very tragic disaster)」!――キャロライン・ケネディ大使が14日に現場を視察 「米国は将来もあらゆる方法で支援する用意が出来ている」! / 21歳の息子、ジャックさんを同行! ジャックさん、「米国の同世代が、フクシマを念頭に置き続けることを望む」 

Repostus13202630512x345

★ 敢えて若い息子さんを連れ、防護マスクで現場に踏み込んだキャロライン大使! 

  これは米国が「フクイチ核惨事」を、未来に先送りできない、現在進行形の重大核事故であるとみなしていることを、身をもって示したものだ!

  あるいはこれは「集団的自衛権」の「火遊び」はやめにして、逃げずに、「フクイチ」という、日米に共通する、人類最大の敵と闘うようにという、米国の意志表明かもしれない!

  ★は大沼(鮮明な写真と記事は → ◎ AFP電 : U.S. ambassador Caroline Kennedy tours Fukushima nuclear plant
       ⇒ http://www.rawstory.com/rs/2014/05/14/u-s-ambassador-caroline-kennedy-tours-fukushima-nuclear-plant/

   * "The United States has always done all we can to support the people of Japan as they face this very, very tragic disaster," she said. "And we stand

ready to help in any way we can in the future."

 ◎ AP電 ⇒ http://abcnews.go.com/International/wireStory/us-ambassador-kennedy-visits-fukushima-plant-23709552

   * Schlossberg, who is 21, said, "I hope my peers, my generation in the United States will keep Fukushima in mind and understand that there is still work

to be done and we can all do something to help."

 ◎ ケネディ大使の声明 ⇒ http://www.tepco.co.jp/en/press/corp-com/release/betu14_e/images/140514e0201.pdf
   * The United States looks forward to continuing a strong cooperative
relationship with Japan in the energy security and clean energy arenas, in addition to our ongoing assistance in
the Fukushima region.

Posted by 大沼安史 at 10:18 午前 |