« 〔フクイチ・グローバル核惨事〕 新たに「大阪ガレキ焼却問題」が、漫画<美味しんぼ>で世界拡散、開始! / 被曝医療専門家の松井英介医師が漫画キャラで国際社会に暴露! 「放射能に汚染されたガレキを焼却した大阪の焼却炉の周辺の約800人に影響が出ている」 / 「鼻血、目やのど、皮膚に不快な症状!」/ ★ 世界の人々は鼻血がフクイチ被曝地だけの問題ではなく、「オールジャパン」に近い深刻な被曝症状であることに気付き始めた! | トップページ | 〔さあ あじさいの国へ〕 検察官への手紙 / 竹野内真理さん ☆ <どうか検察官の皆様方には、私個人の問題としてだけではなく、原発事故後の福島の子供たちの健康問題をさらに悪化させなくするためにも、公平な判断をしていただきたいと思います> ☆ <検察官の方々にもご家族やお子様がいらっしゃるかと思います。……私の発信する情報が、今回の件で私自身を守るだけでなく、皆様ご自身とお子様たちの健康を少しでも守ることができますようお祈りしております> »

2014-05-14

〔だから あじさいの国へ〕 「ウォールストリート・ジャーナル」 : 漫画の『美味しんぼ』は、日本の<食のバイブル(“the Bible of foodies”)>ともみなされている――と、その影響力の重大性を指摘 / フクシマで「被曝」はセンシティブなトピックになっており、「反原発」を表だって求める反対派に、「復興の邪魔」だとか、出て行け、といった脅迫電話がかかっている……と、苦悶する現地の実情を、世界拡散報道!

 
  ◎ Fukushima Watch: Long-Running Foodie Manga Touches Nerve (9日付け)
    ⇒ http://blogs.wsj.com/japanrealtime/2014/05/09/fukushima-watch-long-running-foodie-manga-touches-nerve/

 * And while the manga is clearly fictional, the controversy illustrates just how influential the medium is in Japan. Revolving around the world of cooking and food culture, Oishinbo has been running for some 30 years and is considered by some in Japan to be “the Bible of foodies.”

 * Expressing concerns about radiation has become a sensitive subject in Fukushima in the wake of the nuclear disaster. Even among residents who have decided to stay in the prefecture, those who openly express opposition to nuclear power have received threatening phone calls to quit “hampering rebuilding” or move away.

Posted by 大沼安史 at 10:18 午前 |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 〔だから あじさいの国へ〕 「ウォールストリート・ジャーナル」 : 漫画の『美味しんぼ』は、日本の<食のバイブル(“the Bible of foodies”)>ともみなされている――と、その影響力の重大性を指摘 / フクシマで「被曝」はセンシティブなトピックになっており、「反原発」を表だって求める反対派に、「復興の邪魔」だとか、出て行け、といった脅迫電話がかかっている……と、苦悶する現地の実情を、世界拡散報道!: